FC2ブログ
2020 09 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2020 11

高湯温泉玉子湯

高湯温泉で源泉を真近に見ることができ、そのお湯が透明に近い水色なのはまさに源泉直結だから。茅葺の湯宿は北東北の佇まい、心動く。
ブログの全体メニューに戻る(→Top page)
全てのレポートはこちら(Go to All report)。

第154章 福島県 高湯温泉 玉子湯
Chapter 154,section 1, Fukushima prefecture Tkayu onsen Tamagoyu
Japanese information: 旅館玉子湯
English information: Ryokan Tamagoyu
2020.9.18-19

154.1 はじめに

 高湯温泉は黒川温泉と並んで一番気にいっている温泉。高湯温泉の全宿を制覇したいと思っています。高湯の歴史は約400年、温泉としては新しいほうでしょうか。

 たまご湯は40室以上もある中規模ホテル、なので、腰が引けていたが、源泉を近くで見ることができること、湯宿の茅葺の風情が素晴らしく、一度投宿したいと思っていました。正式名称は旅館玉子湯。創業は150年前、最近かな。

 機会を得て平日に出向いたところ、2020年のGoToキャンペーンのせいか盛況でしたが、対策は徹底していた。レストランの人数を半分に抑えるために、普通の半分の人数しか入れていないということ。

 そのため、食事はなしということだったが、それはそれで食事の時間と量をコントロールできるからワタクシ的には問題無い。


154.2 宿の佇まい

・ 斜面に立つ建物の4階部分がエントランスになる。向こう側の斜面下の1−3階に部屋がある。
IMG_1720_convert_20201010142353.jpg

・ 斜面下から見るとこの通り。
IMG_1727_convert_20201010142439.jpg

・ エントランスは広々としていて、部屋数の多いホテルの特徴。
IMG_1718_convert_20201010142502.jpg

・ ロビーの奥からは下が見える。そう、あの湯宿!雑誌などによると冬の雪景色がすばらい。
IMG_1717_convert_20201010142528.jpg

・ 土産物屋も大きめ。
IMG_1719_convert_20201010142618.jpg

・ 館内には歴をを紐解く展示スペースも。古文書が興味深い。
IMG_1714_convert_20201010142716.jpg


152.3 温泉

・ 一階まで降りて外に出ると、あの湯宿が目の前。名前は「湯小屋たまご湯」茅葺の佇まいが!
IMG_1726_convert_20201010142804.jpg

 右手に小さな祠のようなものが見える。

・ ここが源泉!!湧き水のように豊富な湯量がすごい、しかも透明だ。
IMG_1707_convert_20201010142833.jpg



・ さらに上流側にはもう一つの源泉がある。こちらも祠風。
IMG_1709_convert_20201010142857.jpg

・ やはり、その場から源泉が生まれている!他の温泉では見られ無い迫力です!
IMG_1710_convert_20201010142951.jpg



・ 話は戻って先ほどの湯宿に入る。
IMG_1689_convert_20201010142740.jpg

と!この、法師温泉のような、昔ながらの脱衣所一体型の湯船。脱衣所などというのは比較的最近のスタイル。
IMG_1691_convert_20201010143044.jpg



・ 下流側には二つの湯宿が並んでいる。右手が女性専用の湯宿「瀬音」、左手が男女別の露天風呂「天翔の湯」。
IMG_1731_convert_20201010143109.jpg

・ 午後と午前で入れかわる。まずは午後の湯。湯船が二つ並び、やや大型。この高湯温泉独特の水色の湯が特長。何回来ても飽きない。
IMG_1696_convert_20201010143132.jpg

・ 湯口です
IMG_1698_convert_20201010143157.jpg

・ 底にはわずかに湯の華が沈殿している。
IMG_1697_convert_20201010143250.jpg



・ こちらは午前のほう。茅葺の脱衣所と露天風呂の組み合わせがすばらしい。
IMG_1740_convert_20201010143314.jpg

・ それに湯口が3つもある。
IMG_1723_convert_20201010143341.jpg

・ こちらの湯は透明でたぶん先ほどの第一の源泉から
IMG_1743_convert_20201010143407.jpg

・ こちらは硫黄が析出していて第二の源泉から
IMG_1745_convert_20201010143433.jpg



・ 湯宿の下には足湯もあります。屋根付きだから雨や雪はしのげます。
IMG_1729_convert_20201010143459.jpg

・ 母屋のほうに戻って内湯へ、「仙気の湯」。
IMG_1687_convert_20201010143528.jpg

・ 露天風呂よりさらに透明(屋内だから酸化が進んでいないからだろう)

・ もう一つある大浴場、「滝の湯」。
IMG_1721_convert_20201010143600.jpg


154.3 おわりに

 高湯の他の温泉より、透明度がやや高いようです。理由は、源泉がすぐ横から湧き出しているから。にごり湯の源泉は大体は透明で酸化すると濁ってくる。ので、この透明さはフレッシュさの象徴でしょう。

 玉子湯のアドバンテージは屋外の茅葺露天風呂です。ここだけ切り出せば北東北の秘湯の佇まいです。宿がホテル風に大きくなったのは、その昔、温泉へのお客が多かった時代の名残です。

 高湯はほとんど移住したくなるくらい好きな温泉です。首都圏から少し離れているから、控えめな人気で収まっているが、近かったら大変なことになっていただろう。

 そして、高湯は「一切の鳴り物を禁ず」という教えを守り抜き、いわゆる温泉街というものがない。今はそれが他にない価値になっている。温泉は遊びに行くのではなく、癒されにいくからです。

 大昔、享楽の種類が限られていた時代は、温泉にも享楽の価値が侵入していた。しかし、今は、都会には享楽が溢れ、それ自体もストレスになっているだろう。

 だから温泉は静かな天国に生まれ変わろうとしている。


高湯温泉旅館玉子湯:酸性—カルシウム・ナトリウムー硫酸塩泉、46.5℃、pH2.7,蒸発残留物1148mg/kg、内風呂男女各2、露天風呂男1女2、露天内風呂男女各2。

・次回は岩手県湯川温泉山人。(Continue to next report)
一つ前に戻る。(Return to a former report)

ブログの全体メニューに戻る。(Go to Top page)
全てのレポートはこちら。(Go to All report)
English list : Japan secluded hot springs list (please click here)

お気に召せばclick
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へにほんブログ村

・本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。

福島県 高湯温泉 玉子湯

.18 2020 温泉 comment0 trackback0