2012 06 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2012 08

伊豆湯が島温泉・あせび野のモダン秘湯 -3-



 部屋付きの露天風呂、貸切の露天風呂4種を紹介する。いずれもすばらしいが、やはり一番の贅沢は部屋の露天風呂、思う存分!

第34章 伊豆湯が島温泉・あせび野のモダン秘湯 -3-
English information (1)

 部屋付き露天風呂は庶民にはやはり贅沢としか言いようがない。でも、たまにはいいではないか、そう思わなければ予約できない。海外旅行も安くなった、いつでもどこでも時間とお金が許せばできる時代。でも、一旦、日本の温泉、秘湯に目覚めると、沢山の秘湯に行くことが最高の贅沢である。あとは質素倹約につとめることに。目標さえ決まればあとは大抵うまくゆくもの。目標を定めるのが一番難しい。脱線したが、まずは部屋の露天風呂から。

34.4 部屋の露天風呂
 
 「あせび野」にはすべての部屋に露天風呂が付いている。したがって19ある。なんとも贅沢だが豊富な湯量があってのことだ。「谷の蔵」の露天風呂からスタートしよう。

・ 部屋の外はテラスになっているが、その右手に露天風呂がある。ここに入るには窓からテラスに直接出ることも出来るが、きちんと、右手の小型洗い場の方から入る。テラスには椅子とテーブルがあって、ここでくつろげるようになっている。
DSC02140_convert_20120619055700.jpg

・ 湯船に浸かる。もちろんここでビールを飲むのだが、それは省略する。
DSC02387_convert_20120619055724.jpg
・ 湯船は青い石で出来ている。渓流を彷彿とさせる設計である。石は伊豆石である。ご指摘有り難うございます。
DSC02141_convert_20120731201120.jpg

・ お湯はとても美しい。なぜなら、自分以外に誰も入っていないから、当然、満足する。
DSC02377_convert_20120619055807.jpg

・ 気づいたことは、湯口、白い結晶物が析出していて、温泉成分の高さがわかる。いかにも体に効きそうだ。
DSC02391_convert_20120619055829.jpg

DSC02390_convert_20120619055849.jpg

34.5 貸切露天風呂4種

順次紹介するが一番人気は「山の湯かざはな」、3階にある。したがって、眺望抜群。

・ 3階にあるので空が近く、景色が良い
DSC02169_convert_20120619055910.jpg

・ 湯船はきれいな木製
DSC02172_convert_20120619055931.jpg

・ ここに浸って渓流の樹木を見る
DSC02178_convert_20120619060010.jpg

・ 壁は木が埋め込まれている

・ 外は緑一色、何もない、これぞ日本
DSC02170_convert_20120619060033.jpg


 渓流沿いの3カ所の露天風呂に行く。この道は駐車場の脇から階段を下りてゆく。この道がいい。川を見ながら、露天風呂の屋根が見える。渓流の眺めが抜群なのはここからもわかる。

・ 灯りが情緒ある。
DSC02258_convert_20120619060056.jpg

 降りゆく道すがら、大木が随所に目に入る。こんな大木が自生し、苔むしているのだから、伊豆は雨が多いのだろう。
DSC02351_convert_20120619060116.jpg

DSC02261_convert_20120619060205.jpg

DSC02357_convert_20120619060554.jpg

DSC02353_convert_20120619060311.jpg

DSC02265_convert_20120619060335.jpg

 最初の露天風呂は「寝湯」、続いて川の湯「やませみ」と「かわせみ」と続く。

・ 「寝湯」ここは背中側に傾斜が付いていて、ここに身を任せると、外の景色を見上げるようになる。
DSC02266_convert_20120619060359.jpg

・ こんな具合
DSC02268_convert_20120619060423.jpg

DSC02270_convert_20120619060444.jpg

 次は「やませみ」、これは「かわせみ」と対になっていて、同じような、川に面した配置である。

・ 「やませみ」:渓流側に、目隠し風の手すりがあって、眺望がややききにくい。
DSC02361_convert_20120619060511.jpg

・ 外はただただ川が流れている。なかなかいい。
DSC02357_convert_20120619060554.jpg


・ 「かわせみ」、こちらは明るい風呂である。
DSC02379_convert_20120619060640.jpg

・ 見上げるとやはり緑一色。耳には渓流の音だけ。至福のひと時だ。
DSC02382_convert_20120619060706.jpg

最後に、アップの葉を。
DSC02196_convert_20120619060751.jpg

DSC02342_convert_20120619060808.jpg

DSC02197_convert_20120619060827.jpg


 部屋の露天風呂、猫越川(ねっこがわ)に沿って配置された三カ所の貸切露天風呂、こちらは時間予約制になっていて、なんと、部屋専用のiPADから予約できる。iPADを備えた温泉宿は初めてである。これは経営者が、時代の風を感じて導入したものだろう。先進の気風、創意工夫を怠っていない照査だ。あったのかもしれないが、この中に、四季折々の風景を写真集として入れておいてはどうだろうか。もう一度来たいと思ってもらえるように。
 露天風呂はいずれもすばらしい。こじんまりとおこもりしたい方にはうってつけである。部屋の露天風呂もいいが、歩いて行く渓流沿いの露天風呂は「秘湯」の必需品だ。露天風呂だけが秘湯ではないが、やはり、点数があがる。-4-では料理について。


温泉概略データ:300リットル/分、源泉33-67度、湯口53度、pH=8.1、カルシウム・ナトリウム・硫酸塩温泉、源泉掛け流し、川床自噴3本、山側上流に200m汲上げ2本、大露天(男1、女1)、貸切露天風呂4、各部屋に専用の露天風呂(19)。
・なお、本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。
ブログの全体メニューに戻る

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 秘湯・野湯へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ
旅休ドットコム・ブログナビゲーター
相互リンク募集・リンク集
.31 2012 温泉 comment0 trackback0