FC2ブログ
2012 06 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2012 08

番外編(日帰り-1)黒川温泉・山みずきと黒川荘



山みずきは温泉街のはずれにあるが黒川温泉の著名な秘湯である。創作された雑木林と露天風呂がすばらしい。

番外編(日帰り-1)黒川温泉・山みずきと黒川荘
English Information:YAMAMIZUKI

 黒川温泉で宿泊したのは山河と新明館、日帰りは山みずき(2回)と黒川荘である。ブログで章立てで取り上げるのは宿泊した宿にしているので、日帰りは番外編とした。

山みずき

 山みずきは宿泊したい宿の一つであるが、なかなか予約が取れない。やむなく、日帰りと相成った。日帰りで入湯できるのは露天風呂男性用の「幽谷の湯」、女性用の「森の湯」だけである。このほか、いくつかの内湯と露天風呂がある。これは宿泊する必要がある。「幽谷の湯」と「森の湯」に入るには、敷地内にある井野屋という茶店から入る。玄関から右回りで行く小道、そしてこの茶店もなかなか落ち着いたたたずまいである。

・ 山みずきの駐車場あたりに掛けられていたトウモロコシ。
DSC02082_convert_20120630172452.jpg

・ 水の造作が至る所にある。
DSC02658_convert_20120630173219.jpg

DSC02071_convert_20120630172519.jpg

DSC02080_convert_20120630172549.jpg

・ 井野屋の中:しっとりした雰囲気。 
DSC02046_convert_20120630172636.jpg

DSC02047_convert_20120630172657.jpg

・ 「幽谷の湯」に向かう。
DSC02070_convert_20120630172721.jpg

・ 大きな露天風呂
DSC02063_convert_20120630172802.jpg

・ 屋根には苔と雑草。
DSC02058_convert_20120630172828.jpg

・ 後ろを振り返ると脱衣所
DSC02062_convert_20120630172852.jpg

・ 正面は透明な湯
DSC02064_convert_20120630172916.jpg

・ 象徴的な川の小滝
DSC02060_convert_20120630173001.jpg

・ 上流:滝の音が聞こえてくる
DSC02067_convert_20120630173019.jpg

・ 下流:水は流れさるのみ
DSC02069_convert_20120630173037.jpg

・ こちらは別の時:湯気が舞い上がっている。
DSC02660_convert_20120630173054.jpg

DSC02659_convert_20120630173133.jpg

・ 青い目と青い首飾りのおしゃれさん!(たぶん飼い主が)
DSC02668_convert_20120630173157.jpg


 ホームページで調べていたら「お風呂へのビデオカメラ・カメラ・携帯等の持ち込みはお断りしております。」となっていた。ブログでの掲載もだめでしたら削除いたします。

黒川荘

 黒川荘は温泉街の中心地のはずれにある。大きな露天風呂がいくつもあるが、日帰りで入湯できるのは「びょうぶ岩風呂」である。写真はないが、大きな屏風のような岩(柱状節離)が後ろに見える。お湯はやや薄青く濁った、黒川独特の色である。山河藤もと和らくの湯と同じであった。

・かなり大きな湯船である。
DSC02630_convert_20120630173238.jpg

DSC02632_convert_20120630173257.jpg

DSC02631_convert_20120630173316.jpg

いつかは泊まりたい宿である。黒川温泉は泊まりたい宿が多すぎる!


ホームページ 
・ 山みずき:http://www.yamamizuki.com/
・ 黒川荘:http://www.kurokawaso.com/

・なお、本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。
ブログの全体メニューに戻る
.10 2012 温泉 comment0 trackback0