2012 08 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2012 10

新高湯温泉・吾妻屋旅館の開放露天-3-



内風呂は宿泊者のみ利用できる、しっとりとした総ヒノキ造りの湯船、お湯も一番きれいだ。シャワーは熱いが源泉を浴びることが出来る。

第39章 新高湯温泉・吾妻屋旅館の開放露天 -3-

 内風呂がこんなにすばらしいとは予想外だった。新高湯温泉・吾妻屋旅館は露天風呂がウリだと思っていたが、ここに来て、プラス内湯をお勧めしたい。お湯は桝から注ぎ込まれるが、蔦温泉のような感覚が一瞬頭をよぎる。

39.7 内風呂
 
 もちろん男女別で24時間いることができる。宿泊者は心おきなく身を沈めることが出来る。水をほんの少し足して湯温を適温にしてあるようだ。そのほうがいい。落ち着いたヒノキの湯船がすばらしい。女性陣は、露天風呂の場合は少々人目を気にせざるを得ないが、内風呂はとにかく落ち着く。

・ 男性用の内風呂
DSC03654_convert_20120819164323.jpg

・ 湯面のさざ波は、お湯が左からドバドバと注がれているから。
DSC03655_convert_20120819164339.jpg

・ こんな風に。
DSC03719_convert_20120819164359.jpg

・ 一定量を注ぐための貯湯槽がある。溢れたお湯はここでも掛け捨てだ。
DSC03720_convert_20120819164418.jpg

・ お湯は透明だが硫酸塩泉の色がついてる。
DSC03656_convert_20120819164439.jpg

・ 湯面と黒光りする板がすてきだ。今すぐ入りたい、となる。この感じが蔦温泉に似ている。正直に言おう、露天風呂を主題にしていたが、実はこの内湯がベスト!!
DSC03722_convert_20120819164530.jpg

・ こちらは女性用、男性用と同じ構造で対になっている。
DSC03652_convert_20120819164613.jpg

DSC03653_convert_20120819164636.jpg

39.8 食事

 食事は夕食、朝食ともに部屋食である。建物に限りがあるので部屋に運ぶことにあるのだろう。米沢牛の陶板焼と、冷しゃぶが特徴的だった。丁度よい量だ。値段の高い高級旅館では、大量の食事がでることがあるが、簡素なこちらの量が好ましい。仲居さんがシルバー男性の渋い方ばかりで、ハキハキしていてこれまたステキ。

・ 夕食:5時半からだったのでまだ明るい。
DSC03688_convert_20120819164658.jpg

・ 米沢牛
DSC03689_convert_20120819164718.jpg

・ 朝食
DSC03717_convert_20120819164739.jpg


39.9 近場の名所

 宿から米沢市に下ると上杉神社がある。そこにハスの池があった。一面に丁度咲き頃だった。神社の近くには上杉鷹山の銅像があった。

・ ハス池
DSC03600_convert_20120819164822.jpg

・ つぼみ
DSC03605_convert_20120819164848.jpg

・ 開花
DSC03602_convert_20120819164910.jpg

・ 上杉神社
DSC03615_convert_20120819165000.jpg

DSC03611_convert_20120819164936.jpg

・ 上杉鷹山
DSC03617_convert_20120819165027.jpg


 最近は直江兼続が知られるようになったが、なんと言っても上杉鷹山のほうが有名だろう。「なせばなる、なさねばならぬ、…」で有名だが、鷹山公は17歳で藩主になり、次々と改革を実行した名君である。巨大な官僚機構が藩のオーバーヘッドとして残り、破産寸前だった米沢藩を率先して立て直したのである。封建制全盛の中にあって「国は民のものである」と看破し、それを「実践」したのである。言うことは誰でもできるが「実践」は本当に難しい。だから「なせばなる」と自分自身を鼓舞したのだろう(他人に対して言ったら明らかなお仕着せである)。高校生、大学生の年で、よくぞ改革を実行したものだと思う。その哲学を師であった細井平洲(儒学の一派である折衷学者)から学んだ。師は米沢藩に出向く若き鷹山に、これから立ちはだかる壁を前に「勇気を持って行え」と最後に伝えたとされる。後の鷹山公はリーダーとしての使命感をもって、時には試行錯誤しながら率先垂範したのである。数々の苦渋の決断にどれほど勇気が要ったか…。今でも通じる名言は多く、のちのちの活躍とエピソード、人間ドラマもすばらしい。一番わかりやすいのは童門冬二氏の書籍。興味のある方にオススメします。

 さて米沢市とは逆方向に行ってみよう。白布温泉から県道2号線(西吾妻スカイバレー:冬期閉鎖)を登り白布峠(1410m)を抜けると裏磐梯檜原湖に続く。温泉から約1時間で五色沼に到着。以外と近い。25年前に行ったことがある五色沼だ。

・ 毘沙門沼:逆行だから瑠璃色の美しさが見えない。
DSC03733_convert_20120819165052.jpg

・ 赤沼:順光だから瑠璃色がすばらしい。幻想的だ。
DSC03755_convert_20120819165119.jpg

DSC03759_convert_20120819165144.jpg

38.10 おわりに

 新高湯温泉は、谷筋に源泉があることは古くから知られていたが、開業したのは1902年、110年前のことだ。源泉から200m下のほんの少しの平地(今の場所)に宿が建設された。スペースが限られているので、露天風呂の配置に工夫の跡が読み取れる。サービスしようと努力するので、どうしても、道路に近くならざるを得ずやや窮屈になる。そこは眺望でカバーしている。改善要望はせめて脱衣所を男女別にして欲しいことだ。目隠しの塀なども少しでいいからお願いしたいところ。お客によりもっと支持されると信じるし、露天風呂三昧を女性にももっと味わってほしいから。

 立地の点では宿の方々は相当苦労されていると思う。特に、天元台ロープウェイからの冬期の急坂道路の維持は大変なことだと思う。そんな中で露天風呂を24時間開放し、お客に露天風呂三昧をしてもらいたい気持ちが伝わってくる。有り難うございます。また、来ます。

 それから、後で気づいたことだが、宿から天元台まで徒歩でたった30分で登れるそうだ。時間を作って行くべきだったと悔やまれた。山奥はハンディだけでなくメリットにもなる。山から下ってきたら露天風呂で汗を流し、さらに自然を満喫して下山できる。


温泉概略データ:山側200mから自噴2カ所170リットル/分、源泉泉温55度、含硫黄—カルシウムー硫酸塩泉、pH=7.0、蒸発残留物=1338mg/l、内風呂男女各1、露天風呂5(混浴3、女性用1、貸切1(濁り湯))。
・なお、本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。
ブログの全体メニューに戻る

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 秘湯・野湯へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ
旅休ドットコム・ブログナビゲーター
相互リンク募集・リンク集
.30 2012 温泉 comment0 trackback0