2013 09 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2013 11

高湯温泉・吾妻屋の鮮度-7-


魔女の瞳を見るために一切経山に登り、鎌沼も一周。魔女の瞳と言われる理由がわかりました。外国の方です、青い目ですから。
ブログの全体メニューに戻る(→Top page)

第61章 高湯温泉・吾妻屋の鮮度-7- 
Chapter 61 Section 7 : Fukushima prefecture, Takayu onsen Azumaya-7-

さて、紀行の方です。前回は鎌沼一周でしたので、今回は一切経山に登りました。実は前日に登るつもりが雨のため、2日目になりました。(おかげで、初日は会津若松を訪ねました、これは次の番外編で報告します)下の写真は、パンフレットのアップです。浄土平のビジターセンターから酸ヶ平経由で⑦一切経山往復、そして、鎌沼を左回りで横切って⑥下山した。

DSC03197_convert_20130917053152.jpg

61.11 一切経山

・ 磐梯吾妻スカイラインを登って行くと、あの一切経山が姿を表します。左肩の噴煙が目印です。今日は青空がすごい。
DSC03100_convert_20130917053237.jpg

DSC03102_convert_20130917053311.jpg

・ 浄土平に車を置いて早速出発です。
DSC03105_convert_20130917053341.jpg

・ 噴煙が近づいてきました。
DSC03106_convert_20130917053413.jpg

・ 空が青すぎる。
DSC03143_convert_20130917053442.jpg

・ 酸ヶ平(すがだいら)の避難小屋が見えてきます。
DSC03113_convert_20130917053513.jpg

・ ここを過ぎてさらに登って行くと、鎌沼方面の眺望が良くなります。でもいつの間にか雲が出始めました。
DSC03114_convert_20130917053544.jpg

・ 向こうの山を見ながらがれ場を登って行きます。道は石がごろごろしていますが、整備されています。
DSC03118_convert_20130917053611.jpg

DSC03119_convert_20130917053638.jpg

DSC03120_convert_20130917053706.jpg

・ 吾妻小富士が見えてきますが、雲が出てきました。少し心配だな。
DSC03121_convert_20130917053738.jpg

・ さらに登って行くと。
DSC03122_convert_20130917053808.jpg

・ ついに頂上、ここは平地です。登山者が積み上げた石で頂上が造られています。ごらんのように、周囲に石は一切なく、ここに集められています。標高は1949m、約350mの落差を登ったことに。時間は以外と短く1時間強でした。この程度なら私でも登れます。なんと気温は11.1℃、平地は30℃以上あったのに、20℃も低い。11℃と言えば東京の真冬の外気温です。肌寒いけど心地よい、けど長居は出来ない温度。服はほぼTシャツ状態ですから。
DSC03142_convert_20130917053839.jpg DSC03140_convert_20130917053908.jpg

・ ついに登場、魔女の瞳、正式名称は「五色沼」、色が変わって見えることからこの名前に。温泉も湖も色が変わる所には「五色」が着く。(三色ではないのはなぜかな、などとどうでもいい疑問がわく) それにしても、すごい青色だ。コバルトブルーというか藍色というか、深い海の色の用に見える。山上に海が表れたようにも感じる。瞳の枠には白いアイシャドーもあって、おしゃれな魔女さんだ。
DSC03124_convert_20131029075240.jpg

DSC03128_convert_20131029075304.jpg

DSC03127_convert_20131029075327.jpg

DSC03136_convert_20131029075353.jpg

6.12 鎌沼めぐり

山を下り、酸ヶ平に戻り、まだ余力があったので、左回りで鎌沼を巡ることにした。

・ 歩き始めてすぐに右手に池塘がある。絵になる。
DSC03147_convert_20130917060501.jpg

・ すぐに鎌沼に到着。ロックガーデンだ。
DSC03148_convert_20130917060531.jpg

・ 周囲を楽しみながら歩いて行く。飽きない道だ。
DSC03155_convert_20130917060557.jpg


DSC03151_convert_20130917060702.jpg

DSC03157_convert_20130917060732.jpg

DSC03158_convert_20130917060826.jpg

・特に秋はリンドウがいい。先ほどの魔女の瞳の親戚らしい。色がすごく似ている。対照になるのはナナカマドの赤だ。
DSC03164_convert_20130917061031.jpg 

DSC03156_convert_20130917062412.jpg 

DSC03161_convert_20130917060904.jpg 

DSC03108_convert_20130917060933.jpg  DSC03165_convert_20130917061002.jpg

・ 鎌沼が終わる姥が原への分岐を抜ける、すると後は緩やかな下山路をひたすら降りて行く。たいした時間ではないのにかなり長く感じる。

DSC03166_convert_20130917061103.jpg 


・ やっと、吾妻小富士が見えて来た。もうすぐ終点だ。X平日だったので、リタイアされた方々が多いように感じた。皆さん、お元気だし、多分下山したら温泉に違いない。おつかれさま。
DSC03169_convert_20130917061135.jpg  

 さて、吾妻山塊は活火山で、過去にも度々噴火している。2011年には異変もあった。噴火すれば浄土平は被災するだろうが、安全が確認されている間は観光客でにぎわう。火山は温泉の父、地球は温泉の母だから、親子の縁は切れない。温泉という恩恵と、地球の怒り(気まぐれ)とうまくつきあって行くしかないが、それにしても、特別な場合を除いて温泉は有害ではない。薬効もあるのだから、これも不思議と言えば不思議だ。地球そのものが、やはり、そこに棲む生物とある意味調和しているに違いない。生きているようで活かされていうのかもしれない。-7-は紀行です、会津若松市


・なお、本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。
ブログの全体メニューに戻る
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ
旅休ドットコム・ブログナビゲーター
相互リンク募集・リンク集
.29 2013 温泉 comment0 trackback0