2013 11 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2014 01

余談11 八ヶ岳の紅葉の中で馬に乗る

八ヶ岳アウトドアアウトレットに立ち寄った。紅葉まっ盛り一歩前、目的は始めて馬に乗ることだ。来年は馬年だし年賀状に使おう。
ブログの全体メニューに戻る(→Top page)

余談11 八ヶ岳の紅葉の中で馬に乗る

 天狗岳の山登りはヘトヘトでした。今日は下界を楽しむべく、八ヶ岳アウトドアアウトレットに立ち寄った。今年(2013)の紅葉は少し早かった。下の写真をご覧下さい。まっ盛りより、今の方が綺麗かもしれない。
DSC04196_convert_20131111210849.jpg

DSC04197_convert_20131111210930.jpg

DSC04198_convert_20131111210949.jpg

DSC04199_convert_20131111211014.jpg

DSC04218_convert_20131111211037.jpg

DSC04219_convert_20131111211100.jpg

DSC04220_convert_20131111211131.jpg

DSC04222_convert_20131111211154.jpg

DSC04224_convert_20131111211230.jpg

DSC04225_convert_20131111211259.jpg DSC04226_convert_20131111211322.jpg

 以前、カンボジアで象に乗ったことがある。落差30mほどの小山を上から下へ、象の上の籠に乗って降りたのだ。ゆったりと左右上下にゆら〜りゆらりと降りるのがかなり良かった。当たり前だが、乗り物としては人工的な自動車とはまったく違う乗りごこちだ。話は飛ぶが、人類の歴史で数千年間、馬は移動手段であり兵器であり、その優劣は戦争の勝敗や、文明の拡散に影響してきた。自動車はここ100年ほどの新参者。車は雨に濡れず文句を言わない優れものだが、馬は生きもの、それが刺激的だな。それから、馬の目には本当に癒されます。人間の目は心の窓だから、笑ったり、怒ったり、鳴いたりと多彩だけれど、馬は心が仏様なのかもしれない。

 脱線はやめて、今回、たまたま乗馬体験があるというのを事前に知った。それに500円というので早速チャレンジ。とても綺麗な毛並みの馬でした。動物の背中というのは結構高い。下界を見下ろしながらアウトレットの中をカッポカッポと歩く、この上ない新選な感動。お馬さん有り難うございました。

DSC04200_convert_20131111211349.jpg

DSC04217_convert_20131111211410.jpg

DSC04201_convert_20131111211434.jpg

DSC04211_convert_20131111211612.jpg

DSC04212_convert_20131111211635.jpg

DSC04214_convert_20131111211701.jpg


 2014年は馬年です。来年もよろしくお願いします。年明けは、雪に埋もれた東北・乳頭温泉の紹介で始まります。

・なお、本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。
ブログの全体メニューに戻る(→Top page)
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村


人気ブログランキングへ
旅休ドットコム・ブログナビゲーター
相互リンク募集・リンク集
.31 2013 温泉 comment2 trackback0