2013 12 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2014 02

乳頭温泉・鶴の湯(追加版2の1)

あこがれの雪の鶴の湯、宿題が早めに成就しました。いくらメジャーになっても鶴の湯は鶴の湯、普遍的な価値ある秘湯です。再度脱帽!
ブログの全体メニューに戻る(→Top page)

第26章 乳頭温泉・鶴の湯(追加版-2の1−)(2014.2.2)
Chapter 67, Section 1 : Akita prefecture, Nyutou onsen Turunoyu-1-
English information : Tsurunoyu

 2011年夏に鶴の湯を訪ね、26章で紹介した。新たに宿泊すれば章を新しくするが、今回は立ち寄り湯であるので、章は26章にしてその追加版とした。(日帰りは章を新しくしないルール)

 鶴の湯は秘湯フリークの聖地です。いろんな好みや理屈や講釈を入れても入れなくても、コレは変わりません。夏に宿泊して次回は冬の「雪に覆われた鶴の湯」これが宿題でしたから、2013年の年末は気合いを入れて企画しました。冬の乳頭温泉をフルに満喫したいという衝動です!と言っても行き当たりばったりのいつものパターン、これが旅の神髄です。復習すると、蟹場温泉と妙乃湯に二泊しましたが、ここでは乳頭温泉郷の「湯めぐり帖」なるものを利用して、合間を見て計4カ所の宿で利用しました。最初が鶴の湯です。ゼッタイ外せませんからネ。

26.追1 晴れ間のある冬の鶴の湯 (Arrive at Turunoyu)
DSC05263_convert_20140121060833.jpg

 乳頭温泉郷は、下から鶴の湯国民休暇村妙乃湯大釜温泉蟹場温泉孫六温泉、黒湯の7カ所です。湯めぐり帖とはこの7カ所の湯宿をめぐる1500円の手形のことです(有効期間1年、ただし、この7カ所に宿泊した方の特典です)。黒川温泉に習って全国で普及しています。有効期間1年というのがいかにも渋いですね、つまり、1年以内に再訪することを半ば強制しているから。黒湯は冬期休業ですから、今回は鶴の湯、大釜温泉、孫六温泉、国民休暇村が湯めぐりの目標です。早速、鶴の湯から。訪問したのは2013年12 月28日です。

・ 鶴の湯に着く直前の川(先達川):ここは絵になります。
DSC04542_convert_20140121061033.jpg

DSC04543_convert_20140121061057.jpg

・ 鶴の湯に到着です。
DSC04527_convert_20140121060909.jpg IMG_5773_convert_20140121060932.jpg

・ 曇りの鶴の湯の入口
DSC04411_convert_20140121061117.jpg

・ 少し陽がさしてきた入口。
IMG_5782_convert_20140121061142.jpg

・ 左が帳場、中央と右が湯宿。
IMG_5777_convert_20140121061202.jpg

・ 下流を見ると、温泉の湯気が立ち上っている、もう最高です。冬の天気は曇天と相場が決まっているが、時々晴れ、時折雪、両方を味わえる理想的な天気です。
DSC04524_convert_20140121061225.jpg

・ 帳場から橋を渡る。これが絶妙な配置です。
DSC04521_convert_20140121061305.jpg

・ 少し陽がさす中を下流を見る。
DSC04519_convert_20140121061328.jpg

DSC04522_convert_20140121061354.jpg

・ これは曇天になってから、冬らしいですね!
IMG_5775_convert_20140121061414.jpg

DSC04415_convert_20140121061501.jpg

IMG_5776_convert_20140121061523.jpg

DSC04416_convert_20140121061544.jpg

・ 晴れ間の差す、後背の山と空。
DSC04516_convert_20140121061607.jpg

・ 屋根の雪
DSC04523_convert_20140121061628.jpg

・ 氷と湯宿
DSC04518_convert_20140121061648.jpg

・ つらら 
DSC04531_convert_20140121061712.jpg

DSC04532_convert_20140121061733.jpg

・ 混浴露天風呂への道
DSC04419_convert_20140121061756.jpg

 ここまでで充分、気分がもり上がる。が、ついに通路から露天風呂が垣間見える。皆さんくつろいでいらっしゃるのがよく分かる。回り込むと、全容が姿を表す。数名がいらっしゃる。ここは男女混浴の露天風呂で、女性の強者もいらっしゃることで有名だ、と言っても、女性用の入口は別にあり、ミンナで入れば怖くないし、湯は真っ白だからハードルも低い。2〜2では混浴露天風呂を紹介します。

DSC04417_convert_20140121061818.jpg

DSC04418_convert_20140121061838.jpg


鶴の湯(2013.12.28)
280リットル/分、39-60度、pH=6.1(鶴の湯)、含硫黄ーナトリウム・カルシウムー塩化物・炭酸水素塩泉、蒸発残留物=2530mg/l、内湯8、露天2

・なお、本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。
ブログの全体メニューに戻る(→Top page)
.30 2014 温泉 comment0 trackback0