2014 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2014 09

奈良田温泉・白根館-3-

男性用の風呂は檜の内風呂と岩の露天風呂。内風呂は濃厚なとろみと硫黄臭のあるアルカリ性でパワフルな湯。確かに絶品。
ブログの全体メニューに戻る(→Top page)

第76章 奈良田温泉・白根館-3-
Chapter 76 section3, Yamanashi prefecture, Narada onsen, Shiranekan -3-
English information:Shiranekan

76.4 男性用風呂 (Indoor bath and open-air bath)

 風呂は2セットあって、一方は男性用、もう一つは女性用。入れ替わるので名前の意味はない。けれど、初日に男性が入浴出来る方をとりあえず男性用ということに。男性用は内風呂が桧風呂(東側)で露天風呂が石づくり露天風呂、女性用は内風呂が桧風呂(西側)で露天風呂が木づくり露天風呂となっている。

・ 母屋を一歩出るとすぐに左右に分かれる。右が女性用の木づくり露天風呂(よく写真にでてくるほう)、左には男性用の内湯と露天風呂、女性用の内湯がある。
DSC07895_convert_20140729070541.jpg

・ 左の通路は柱が木で風情あり。
DSC07898_convert_20140729070603.jpg

・ 夜の佇まい。
DSC07937_convert_20140729070622.jpg

・ ランプがいい。
DSC07935_convert_20140729070639.jpg

・ 飲泉所、左は渓流水、右は温泉。しょっぱくて飲めない。
DSC07826_convert_20140729070659.jpg

・ 内湯はこんな感じ。まだ貯まってくる途中。外が臨める。
DSC07833_convert_20140729070720.jpg

・ 左は波打ち、右は静か。
DSC07838_convert_20140729070740.jpg

・ これは左に源泉の注ぎ口があって、まん中の仕切りを越境して右に流れる。このため、左はやや熱め、右はやや温め(約40℃)。
DSC07834_convert_20140729070802.jpg

・ 源泉の注ぎ口。
DSC07835_convert_20140729070821.jpg

・ 溢れてきました。
DSC07908_convert_20140729070841.jpg

DSC07905_convert_20140729070902.jpg

DSC07839_convert_20140729070921.jpg

 好みによるが、ワタクシ温めが好きなので、右の湯船に長く浸る。時々左の注ぎ口の方に身を沈める。アルカリ性で硫黄臭、かすかなアンモニア臭、成分は濃厚。お湯は含硫黄-ナトリウム-塩化物泉(低張性アルカリ性高温泉)、源泉温度は43-49℃、成分総計は3978mg/kg。お湯の密度が濃く感じるインパクトのある湯。いかにも効きそうだし、お肌はつるつる。有名なお湯に相当ナットク。

・ 露天風呂は開放的。右手の大木を切り抜いた腰掛けイスがある。
DSC07822_convert_20140729070944.jpg

・ 右手には飲泉。(渓流?)
DSC07825_convert_20140729071008.jpg

・ 石組みの湯の向こうに例の西山ダムが遠望。
DSC07824_convert_20140729071032.jpg

・ 少し右を向けば山々のみ。
DSC07844_convert_20140729071102.jpg

・ 振り返れば入口。
DSC07854_convert_20140729071125.jpg

・ 観音様(薬師如来像)。
DSC07855_convert_20140729071149.jpg

・ いつも癒される。
DSC07853_convert_20140729071209.jpg

・ 源泉の注ぎ口。気分の問題だが、内湯よりやや穏やかな感じ。
DSC07851_convert_20140729071232.jpg

・ ついつい目が行ってしまう、雨に濡れた葉。
DSC07849_convert_20140729071253.jpg

・ この石づくりの露天風呂のスペックが書かれている。
DSC07850_convert_20140729071316.jpg

 奈良田の湯はとにかく濃厚な湯、まったりまろやかで、実に体にいい感じ。もっと直感的にいうと「重い」んです、水道水や蒸留水とはまったく別の液体デス。人気の秘密ですね。露天風呂はありふれた風景で、個人的には内湯の方が気に入りました。次に、-4-では有名な銀河の湯に行きます。


奈良田温泉・白根館:含硫黄-ナトリウム-塩化物泉(低張性アルカリ性高温泉)、49.8℃、約63〜70ℓ/分(自然湧出)、pH8.8、蒸発残留物3760mg/kg、成分総計3978mg/kg、内湯男女各2、露天風呂男女各2。
・なお、本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・ 文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。

ブログの全体メニューに戻る(→Top page)
.30 2014 温泉 comment2 trackback0