FC2ブログ
2017 12 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2018 02

余談59 大洗水族館・くらげ

震災で被害があった大洗水族館、今は関東圏からの訪問客が多い。今はどこでも展示しているがクラゲは一番好きだ。全く自由に生きている。

ブログの全体メニューに戻る(→Top page)

余談59 大洗水族館・くらげ
(Photos are referred in American blog)


 正月休みは暇を持て余し気味だ、そこで久しぶりに大洗水族館へ。一番人気はどこもイルカショーだけれど(子供も大人も楽しいのはもちろんイルカ)、またもやクラゲに心を奪われた。

 今回は写真はやめて全部動画で報告しましょう。

・まず入口のイワシ回遊。
[広告] VPS


・大水槽、ここではイワシの他にサメさんたちが悠然と泳ぐ。イワシ軍団は雲のように寄りかたまって浮遊している。サメさんたちに食べられないのかととても心配だ。
[広告] VPS


・クラゲの1番目。このクラゲさん、目的は何もなさそうで心許ないが、誰にも気兼ねすることなく、媚びることなく、威張ることもなく、自己主張もしていない。全く自由かつ奔放。ワタクシ、子供のころは犬になりたかったけど、今はクラゲがいいな。ワタクシの娘、昔はクラゲ状態だったが、今は自律的なクラゲで生きています。
[広告] VPS


・2番目のクラゲさんたち。こちらはネアカなクラゲさん、少しそそっかしいそうだけど。ナンカ目的がありそうな動き。幼稚園児のような群れですね。
[広告] VPS


・これは宇宙で撮影した宇宙船です。どうみてもクラゲには見えない。「アビス」という深海の未知知的生物を描いたSF映画(1999年)があったが、そこにもこの巨大な深海艇が出ていた。
[広告] VPS


 このクラゲさんたち、どうも上司も部下もいなそうだ。いがみ合ったりもしていないけど、集団では何かの意思はありそう・・不思議な世界ですね。

 というわけで大洗水族館の香りは全くせず、単に心に残ったクラゲ中心になりました。人生、生きる意味や目的を失った若い方はどうぞ行ってくださいな。年をとるとそれは簡単に超越できますから、未来は心配ご無用。


大洗水族館


次回は栃木県那須温泉・冬の北温泉です。
 (Continue to next report)

DSC09300_convert_20180203103811.jpg DSC09279_convert_20180202224439.jpg

一つ前に戻る。(Return to a former report)

ブログの全体メニューに戻る。(Go to Top page)
全てのレポートはこちら。(Go to All report)
English list : Japan secluded hot springs list (please click here)

お気に召せばclick
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へにほんブログ村

・本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・ 文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。
.28 2018 未分類 comment0 trackback0