2017 08 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 10

美ヶ原温泉・すぎもとの矜持-5-


十割蕎麦を打つのを他のお客と一緒に見学させて頂いた。ご主人は魔法を使って蕎麦を打っているようだ。驚異のそば打ちに感激!
ブログの全体メニューに戻る


第49章 美ヶ原温泉・すぎもとの矜持-5-
English Information

49.7 十割蕎麦打ちの驚異

 すぎもとのサブタイトルを「矜持」としたのは、この蕎麦麦打ちを見せて頂いたからだ。十割蕎麦はつなぎがないから高い技術と体力も必要だ。その蕎麦を打つ姿勢、気迫、熱意、お客にできたての最高のものを提供するためにだけ打っている、これが館主の矜持だ。デパートの蕎麦屋でガラス越しにそば打ちを見たことは誰しもあると思う。しかし、最初から最後まで、講釈付きで参観させていただいたのは初めてだった。当日は観客が多く、講義にも熱が入ったようだ。館主の説明とうんちくを受けて基礎知識を学ぶ。所要時間は1時間。魔法のように蕎麦を打って行く。からからの蕎麦の実が、水を加えるとはいえ、よく麺になるものだと感心する。経過を紹介させて頂きます。(教えて頂いた細かい説明はノウハウの塊なので秘密!知りたい方は「すぎもと」へ直行ください。)

DSC08247_convert_20130309214503.jpg DSC08248_convert_20130309214533.jpg

DSC08249_convert_20130309214550.jpg DSC08250_convert_20130309214609.jpg

DSC08251_convert_20130309214629.jpg DSC08252_convert_20130309214659.jpg

DSC08253_convert_20130309214718.jpg DSC08254_convert_20130309214740.jpg

DSC08255_convert_20130309214755.jpg DSC08256_convert_20130309214815.jpg

DSC08257_convert_20130309214831.jpg DSC08258_convert_20130309214848.jpg

DSC08259_convert_20130309214906.jpg DSC08260_convert_20130309214922.jpg

DSC08262_convert_20130309214939.jpg DSC08263_convert_20130309214957.jpg

DSC08264_convert_20130309215016.jpg DSC08268_convert_20130309215053.jpg

DSC08268_convert_20130309215053.jpg DSC08269_convert_20130309215109.jpg

DSC08272_convert_20130309215125.jpg DSC08273_convert_20130309215142.jpg

DSC08274_convert_20130309215201.jpg DSC08275_convert_20130309215220.jpg

DSC08276_convert_20130309215241.jpg DSC08277_convert_20130309215258.jpg

DSC08278_convert_20130309215319.jpg DSC08279_convert_20130309215339.jpg

DSC08280_convert_20130309215357.jpg DSC08281_convert_20130309215421.jpg

DSC08301_convert_20130309215444.jpg DSC08302_convert_20130309215506.jpg

 出来上がった蕎麦は夕食で特別にオーダーできる。ぷりぷりで色つやの良い十割蕎麦だ。講義で館主いわく「7分で食べなさい」。ゆがき始めてから7分以内に食べよとのお達しだが、2分ゆがき、1分で水にさらし、1分で盛りつけて運び、のこり3分でそれを食べよ、とのこと。そんなに早く食べたら楽しみがなくなるじゃないか、と思いつつ、3分はご指示通りにいただいた。つまり、まずは何もつけずにそのままの味を舌で味わう、続いて塩、さらに一味、最後はつゆ(大根おろし、ネギ入り)で食す。生のままの蕎麦が一番味わい深い。考えてみれば当たり前だ、素材を味わうべきだ、十割だからこそできる。これが蕎麦だったのかと納得。絶品で満足!こりゃすごいな!大根おろしも美味しかった、季節は冬だから。-6-では名物の料理だ。


すぎもと
温泉概略データ:掛け流しで温度調整のための加温あり。源泉量:88.5ℓ/分強、40℃、アルカリ性単純温泉、pH=8.7、成分総計=416mg/ℓ、内風呂、露天風呂が男女各1、貸切風呂1。
・なお、本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。
ブログの全体メニューに戻る
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ
旅休ドットコム・ブログナビゲーター
相互リンク募集・リンク集
関連記事
.25 2013 温泉 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://onsen6688.blog.fc2.com/tb.php/181-788c89c5