2017 08 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 10

福地温泉・湯元長座の囲炉裏-3-


囲炉裏のある部屋に泊まった。ここには風雅にも雪見障子だった。館内はインターネット専用ルームさえあり、置物もセンスがすぐれている。
ブログの全体メニューに戻る


第50章 福地温泉・湯元長座の囲炉裏-3-
English Information

 湯元長座は部屋数が32もある中規模の宿だ。しかし、造りがゆったりしているせいか、人の気配があまりしない。これはすぐれた宿の特長だ。規模が大きくても自分の宿のように過ごせる。

50.8 部屋

 部屋は1泊一人22000円の囲炉裏付きの部屋にした。囲炉裏のある部屋というのは乳頭温泉・乳頭温泉・鶴の湯の本陣にあるし、奥満願寺温泉・和らくで宿泊したことがある。が、冬の囲炉裏部屋に一度泊まってみたかった。

・ 十畳ほどの和室
DSC08439_convert_20130313220850.jpg

・ 別の部屋に6畳ほどの囲炉裏。
DSC08441_convert_20130313220910.jpg

・ そのほかに窓際にはテーブルと椅子。私たちにとっては最高級のランクだ。
DSC08440_convert_20130313220930.jpg

・ 窓は雪見障子だった。上半分の障子が下に降ろせるのだ。気がつかないと気がつかない。
DSC08624_convert_20130313220948.jpg

・ 天井は大きな梁が通っている。重厚だ。
DSC08442_convert_20130313221006.jpg

・ 早速、炭をおこす。優れものの固形燃料が置いてあって、炭を立てておき火をつければほとんど自動点火で炭に火がつく。
DSC08621_convert_20130313221028.jpg

・ 静かに燃える炭。何も考えずに見つめて心落ちつく。炎は人間の原始的な心に火を灯すようだ。
DSC08623_convert_20130313221046.jpg

50.9 館内(2)

 館内で小部屋を二つ見つけた。一つは木工展示品の部屋、もう一つはインターネットルームだ。これは有り難い。ちょっとした検索やメールが使えて便利至極だ。ただし、これに時間を割いては本末転倒だ。
DSC08521_convert_20130313221105.jpg

・ 木工展示室
DSC08522_convert_20130313221122.jpg

DSC08523_convert_20130313221142.jpg

・ インターネットルーム、パソコンが二つ。使っている人はついぞ見かけなかった。
DSC08524_convert_20130313221650.jpg

館内はちょっとした置物がさりげなく佇んでいる。センスがいいと思う。これらからも宿のレベルを推し量ることができる。

・ 脱穀用の装置だと思う。
DSC08528_convert_20130313221219.jpg

・ 古いお面だ。すぐれた骨董品だ。
DSC08614_convert_20130313221239.jpg

・ 見かけた生け花等。
DSC08419_convert_20130313221304.jpg

DSC08678_convert_20130313221321.jpg

DSC08431_convert_20130313221342.jpg

DSC08531_convert_20130313221401.jpg

DSC08616_convert_20130313221420.jpg

・ 訪問したのは2月上旬、おひな様がお出迎えだった。
DSC08810_convert_20130313221440.jpg

 囲炉裏とインターネットの組み合わせは、この宿の気風を物語っているようだ。お客の求めるものをさりげなく、かつ、でしゃばらずに用意する、という方針だ。外は氷の世界、内は快適な生活&風呂三昧の宿だ。奥飛騨は寒くないぞ!-4-では早速、内風呂と露天風呂へ!


湯元長座
温泉概略データ:源泉4本、源泉量:440ℓ/分、60〜63℃、単純温泉、カルシウム・ナトリウムー塩化物泉、pH=6.0〜8.0、成分総計=745〜1250mg/ℓ、内風呂/露天風呂男女別各1、貸切風呂(内風呂+露天風呂)3
・なお、本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。
ブログの全体メニューに戻る
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ
旅休ドットコム・ブログナビゲーター
相互リンク募集・リンク集
関連記事
.15 2013 未分類 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://onsen6688.blog.fc2.com/tb.php/186-151db4a6