2017 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 12

新平湯温泉・松宝苑の品格-2-


本館、新館、湯宿が内庭を取り囲む、そこに松宝苑ワールドが広がる。部屋数が限られているので、館内ではあまり人に出会わない。
ブログの全体メニューに戻る


第52章 新平湯温泉・松宝苑の品格-2- 
English Information

51.4 館内と中庭風情

 母屋ロビーの奥に庭が広がる。母屋から見て反時計回りで、新館(平成10年,囲炉裏付きの部屋)、本館(40年程前の建物で平成14年頃改装)、貸切風呂、大風呂が続く。その中央が中庭だ。

・ 母屋前の中庭、くつろぐための椅子とテーブルがある。新緑の季節にここに座ってコーヒーを飲めば快適だろう。独占カフェだ。
DSC09714_convert_20130507195738.jpg

DSC09671_convert_20130507195807.jpg

DSC09670_convert_20130507195831.jpg

・ 中庭には湯宿へ石のステップが続いている。風呂に行くにはこの道(屋根は当然ない)と、建物内を回っていく通路がある。
DSC09669_convert_20130507195855.jpg

・ その先(湯宿)から母屋を振り返る。古民家の佇まいだ。
DSC09661_convert_20130507195920.jpg

・ 母屋から本館への通路、外を通る。これは美ヶ原温泉・すぎもとと同じだ。冬は相当寒いだろうが、この設計は好きだ。
DSC09676_convert_20130507195942.jpg

DSC09677_convert_20130507200002.jpg

・ 建物はシックにしつらえてある。
DSC09715_convert_20130507200025.jpg

DSC09899_convert_20130507200059.jpg

DSC09726_convert_20130507200123.jpg

・ 宿泊した部屋は本館に二階だ。二階から見る母屋
DSC09873_convert_20130507200208.jpg

・ とこちらは本館。早朝にこの雑木林に鳥が沢山飛んできた。ざっと見で5種類の鳥、あでやかな服を来た鳥達だった。動物園のような多彩さだった。(写真撮れず残念)
DSC09722_convert_20130507200144.jpg

・ 夜になるとちょっとした光の空間だ。
DSC09782_convert_20130507200230.jpg

DSC09783_convert_20130507200250.jpg

・ 二階の部屋は大きさがまちまちだ、8畳程度から14畳まで。私の部屋は10畳の落ち着いた部屋だ。窓際に藤の椅子(船山温泉の椅子に似ている)がある。
DSC09571_convert_20130507200314.jpg

DSC09572_convert_20130507200333.jpg

・ 窓から見る湯宿方向。昨日降った雪に輝く背景の山々が美しい。
DSC09883_convert_20130507200421.jpg

DSC09874_convert_20130507200354.jpg

・ 緑が無い季節で少し寂しいので、ロビーにあった花の写真を。
DSC09558_convert_20130507200514.jpg

DSC09798_convert_20130507200601.jpg DSC09799_convert_20130507200640.jpg

 松宝苑は隣接する宿とは距離があり敷地も広く、そこに一つの空間を造り出している。母屋の入口側は道路に近いので内庭に面する設計にしてある。人手の行き届く大きさだ。ここはゆっくりと時間を過ごせるに違いない。この宿、実は徐々に驚きが待っている。-3-では風呂(長閑(のどか)のゆ)へ向かう。


松宝苑
温泉概略データ 源泉量(3本):103〜330ℓ/分、46.2〜54.6℃、pH 6.59〜7.32、ナトリウム-炭酸水素塩泉/単純泉、成分総計1744mg/kg、内風呂+露天風呂:男女各1、貸切2。
・なお、本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。
ブログの全体メニューに戻る
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ
旅休ドットコム・ブログナビゲーター
相互リンク募集・リンク集
関連記事
.14 2013 温泉 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://onsen6688.blog.fc2.com/tb.php/198-01408bd4