2017 08 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 10

新平湯温泉・松宝苑の品格-7-


北アルプスの中核、槍が岳と西穂高岳が圧倒的な迫力で迫ってくる。しかも冬山!ピークにはすでに登山客がいるようだ。
ブログの全体メニューに戻る


第52章 新平湯温泉・松宝苑の品格-7-

 このレポートは松宝苑とは直接の関係はありませんが、この奥飛騨温泉郷の紀行のトピックスとして紹介します。三度目の正直で新穂高ロープウェイに乗った。昨日の雪のせいか、真冬状態の荘厳な雪景色、しかも晴れ、これには誰しも深く感動する。この感動に出会うには、まず、第一ロープウウェイで鍋田平高原駅へ、次にしらかば平駅から二階建ての第二ロープウェイで西穂高口駅(2156m)まで乗り継ぐ。ここは零下5℃、思ったより寒くない。写真は逆に紹介します。

・まず槍ヶ岳(左奥)。
DSC09949_convert_20130515211014.jpg

西穂高岳の全容
DSC09951_convert_20130515211039.jpg

DSC09937_convert_20130515210845.jpg

ロープウェイ終点の樹林の間から
DSC09980_convert_20130515211401.jpg

頂上付近
DSC09954_convert_20130515211130.jpg

岩峰群(右端のピークに人が立っているように見えるのは錯覚??)
DSC09953_convert_20130515211105.jpg

アップ(やはり人ではないか、今、気づいた次第!)
DSC09955_convert_20130515211219.jpg

右のピークにも(どう見ても登山者だ)
DSC09957_convert_20130515211244.jpg

樅沢岳、左俣岳付近だと思う。山スキーしたくなるような山肌だ。
DSC09956_convert_20130515211310.jpg

笠が岳
DSC09947_convert_20130515210924.jpg

左端の小さな槍が岳が遠ざかる。
DSC09948_convert_20130515210949.jpg

DSC09928_convert_20130515210745.jpg

他の山々(錫杖岳?)
DSC09926_convert_20130515210724.jpg

ロープウェイを下る。
DSC09945_convert_20130515210649.jpg

DSC09930_convert_20130515210624.jpg

DSC09923_convert_20130515210600.jpg

 アルプスまで行かなくとも日本で充分、アルプスが楽しめる山岳。3回も行けば一回くらいはいいだろうと自己納得したい。こんな感動モノは本当に久しぶり。山岳写真家の専売特許を私たち素人軍団が楽しめる。やはり、日本ってすごいな。しかも温泉付き!!!


・なお、本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。
ブログの全体メニューに戻る
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ
旅休ドットコム・ブログナビゲーター
相互リンク募集・リンク集
関連記事
.28 2013 温泉 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://onsen6688.blog.fc2.com/tb.php/210-26127f4c