2017 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 12

壁湯温泉・福元屋の透明湧出-4-


洞窟風呂の傍らに「川湯」という小さな露天風呂がある。ここから手を伸ばせば本当に川に手が届き目の前を小魚の群れが泳ぐ。6月は蛍!
ブログの全体メニューに戻る


第54章 壁湯温泉・福元屋の透明湧出-4- 
English Information
English information:location

54.7 川湯

 川湯は洞窟風呂の分家である。洞窟風呂の道から左下に見えるし、道の階段を数ステップ、降りた川のすぐ傍に所にある。これは増水したら水没するのではと思う。それほど、水面に近い。大きさはコンパクトで、定員3-4名。知らない人となら2名が定員だろうか。

・ 上から見た川湯
DSC00777_convert_20130530200341.jpg

・ 川と一体だ。
DSC00778_convert_20130530200401.jpg

・ ここに身を委ねて川を見る。下流側には護岸がある。中州中央に茂みが見える。ここが、あとで説明する蛍の棲家ではないか?
DSC00896_convert_20130530200855.jpg

・ 誰もいない、静謐な時間と空間だ。すごい贅沢だ。湯温は洞窟風呂よりもさらにやや温めだ。この後、
 美しくも清楚な三姉妹がいらっしゃったが写真は非公開。
DSC00887_convert_20130530200647.jpg

・ 上流側は渓谷の佇まい。
DSC00846_convert_20130530200548.jpg

・ こちらから洞窟風呂を見上げる。
DSC00844_convert_20130530200504.jpg

・ 湯船の中から湯面と川面を見る。境界がない!
DSC00888_convert_20130530200728.jpg

DSC00889_convert_20130530200753.jpg

・ 湯船の中から上流を見る、この一体感がたまらない。川面が静かだ。
DSC00909_convert_20130530200956.jpg

DSC00911_convert_20130530201017.jpg

・ 川の中では小魚が泳いでいるのが見えた。群れをなしている。このサイズと模様からしてハヤだ。1mくらいすぐ先を泳いでいる。これはすごい!「天然水族館付きの露天風呂」だ。この大自然一体型の露天風呂は他に例を見ない。(川そのものが湯船には負けます) 補足ですが、ハヤとはウグイ、オイカワ、カワムツなどの総称です。詳しくはないが、見た目では体の横筋模様からしてカワムツ?
DSC00902_convert_20130530200917.jpg

DSC00904_convert_20130530200937.jpg

 福元屋のすばらしさは洞窟風呂とこの川湯に象徴される。野趣どころではなく、人工野湯と言っていい自然そのものだ。宿泊したのは2013年5月中旬だったが、6月にはこの川辺に蛍が舞うという。多い時には数千匹!!これはこの世のものとは思えない圧巻だろう。6月は梅雨だから遭遇できる確率はかなり低いに違いないが、叶うことなら現世でいつかは見てみたい、この露天風呂に身を任せて。

 この水量の川のどこに蛍がいるか不思議に思い、蛍さんの住所を館主にお聞きすると、下流中央の中州の茂みの中にいるという、安全な隠れ家で洪水があっても生き残っているという。すばらしい生命力、残された自然、絶対に壊したくないもの…。

 実はこの川湯は「夏限定」との看板がかかっている。これは、ぬるいことに対するexcuseだろうが、6月については蛍観察用ですよ、という意味があるのかもしれない。

 もう一つ、翌朝、食事処の壁にポスターが貼ってあった。下の写真だ。あっと気がついた。これはこの川湯の縁においたビールだ。もちろん、川湯で瓶ビールやワンカップを飲んではいけません(割れると怪我します)、どうしても飲むなら缶ビール…
DSC00875_convert_20130613203417.jpg


-4-では個性的な内風呂を紹介します。

福元屋
温泉概略データ 源泉量:1280ℓ/分、36.6℃、pH 7.9、炭酸水素塩泉、成分総計276mg/kg、露天風呂2、内風呂(貸切)2、女性用1。

・なお、本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。
ブログの全体メニューに戻る
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ
旅休ドットコム・ブログナビゲーター
相互リンク募集・リンク集
関連記事
.02 2013 温泉 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://onsen6688.blog.fc2.com/tb.php/216-60797916