2017 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2017 09

高湯温泉・吾妻屋の鮮度-3-


「風翠(ふうすい)」は、鄙びた木製のコンパクトな湯船だ。自分空間で新鮮なお湯を独り占め。山翠より透明な気がする。
ブログの全体メニューに戻る

第61章 高湯温泉・吾妻屋の鮮度-3- 
Chapter 61 Section 3 : Fukushima prefecture, Takayu onsen Azumaya-3-
English Information : Fukushima Takayu Onsen Azumaya

61.7 露天風呂「風翠(ふうすい)」

 宿から外に出て左手に曲がるとそこに風翠がある。その右手に古い謎の建物。

・ 右手が謎の建物で、左奥が風翠だ。
DSC03038_convert_20130915211429.jpg

・ こちらの建物、外観からすると、昔は使われていたに違いない大広間のように見える。
DSC02830_convert_20130915211457.jpg

・ 中に入ると休憩所になっていた。湯上がり用だ。
DSC02913_convert_20130915211529.jpg

DSC02914_convert_20130915211611.jpg

・ 奥の部屋には超豪華な木製の椅子とテーブル。
DSC02915_convert_20130915211644.jpg

・ これ(椅子の背)は見てもすごさがわかります。温泉旅館というのは時々、とてつもないものがある(清津館の美術品もそうだ)。お値段、想像もつきません。
DSC02916_convert_20130915211713.jpg

・ さて、風翠だ。左が女湯、右が男湯、その右奥が貸切だ。外国の方にはこの鄙びは、「綺麗でない」と映るかもしれないが、日本人はこの侘び寂びの世界にうっとりするんです。時間を経たもの、(西洋建築のように石ではないから)いつかは壊れ行くもの、これたまりません。それから、外に履物を置けば人がいるかどうかわかる仕掛けになっています。
DSC02831_convert_20130915211739.jpg

・ まず女湯から。ここは一番風情のある最上等の湯船です。しっとりぬれて黒光りしているし、木の列が秩序を感じさせる。
DSC02832_convert_20130915211803.jpg

・ お湯が注がれます。湯船が大きくはないので相対的に湯量が多く、一層新鮮な感じがする。
DSC02835_convert_20130915213850.jpg

・ こんな感じで透明で湯の華が沈殿しています。
DSC02834_convert_20130915211830.jpg

・ 中央が男湯。両脇が壁になっている。3−4名入れる大きさ。
DSC02837_convert_20130915211855.jpg

・ やはり透明だ。
DSC02841_convert_20130915211920.jpg

・ 湯量は多い。透明だ。
DSC02840_convert_20130915211948.jpg

・ こちらは貸切。他の二つより一回り小さく2名が定員。
DSC02842_convert_20130915212020.jpg

DSC02903_convert_20130915212056.jpg

・ 湯量は同じ量が入っているようで、一番鮮度がいい感じだ。
DSC02846_convert_20130915212131.jpg

・ お湯がとにかくふんだん!
DSC02845_convert_20130915212159.jpg

・ 左の木には緑の苔が生えている。風情満点だ。
DSC02908_convert_20130915212234.jpg DSC02907_convert_20130915212306.jpg

 風翠はコンパクトな露天風呂だが、野趣溢れるところ、鄙びた感じがいい。冬に来たことはないが、冬は雪の白の中に青白色の湯が照ってさぞや美しいだろう。男女別の湯船と貸切があるのも、皆さんのニーズに合っている。そして、いずれも新鮮な湯が溢れている。なかなか出会わない希少価値の温泉だ。-4-では内湯を紹介します。鮮度に感動。


吾妻屋:源泉・湯花沢3番、酸性-含硫黄-カルシウム・アルミニウム・ナトリウム-硫酸塩温泉(硫化水素型)、pH2.8 、50℃、蒸発残留物1160 mg/kg、成分総計1643 mg/kg、内風呂男女各1、貸切家族風呂1、大露天風呂男女各1、小露天風呂男女各1、貸切1。

・なお、本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。
ブログの全体メニューに戻る
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ
旅休ドットコム・ブログナビゲーター
相互リンク募集・リンク集
関連記事
.18 2013 温泉 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://onsen6688.blog.fc2.com/tb.php/260-5fe1d758