2017 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 12

茨城県・湯の澤鉱泉

茨城県唯一の「日本秘湯を守る会」の宿「湯の澤鉱泉」を訪ねた。街から近いのに山の中でひっそり感と秘湯感がある。
ブログの全体メニューに戻る(→Top page)

番外編(-11-) 茨城県・湯の澤鉱泉 
Ibaraki prefecture, yunosawa kousen

 茨城県には高い山も火山もない。これは温泉にとっては致命的なハンディだ。その中で湯の澤鉱泉は茨城県唯一の「日本秘湯を守る会」の宿である。鉱泉であるが、鉱泉はそれなりに結構いいものだし、行くまでの道がまたすばらしい。常磐高速を那珂インターで国道118号線を北上する。久慈川は広々とした清流で、開けた道が続く。山方町をさらに北上すると大子(だいご)の袋田の滝がある。そこまで行かず(行ってきてからでもいい)、山方町の岩井橋交差点から左折する。宿に近づくにつれ森の中の細い山道になり、秘湯感が高まっていく。里山の中の温泉だ。
 湯の澤鉱泉は150年の歴史をもつ湯、宿は平成3年と11年に立て直されたものだという。つまり、古い湯にまだ新しい部類の建物だ。客室は本館が5部屋、新館が3部屋のコンパクトな宿だ。今回は日帰りなので番外編だ。

・ 訪れた時期は1月、真冬の青い空の中に樹々が枝を伸ばしている。
DSC05461_convert_20131017210718.jpg

・ 黄色っぽい木の色が美しい。玄関もコンパクト。
DSC05445_convert_20131017210758.jpg

・ 提灯にほっと落ち着く。
DSC05446_convert_20131017210832.jpg

DSC05447_convert_20131017210902.jpg

・ 風呂は内風呂だけで、男湯は岩風呂、女湯は木の風呂だ。実物は見ていないものの、女湯の方が圧倒的にいい。下の写真は岩風呂です。湯気が暖かい。
DSC05448_convert_20131017210927.jpg

・ お湯は無色透明。体感温度は41度くらい。
DSC05452_convert_20131017210957.jpg

・ 岩風呂だから岩だらけだ。
DSC05453_convert_20131017211049.jpg

・ 青い岩が神秘的だ。
DSC05457_convert_20131017211126.jpg

・ 加温された湯が岩の間から注がれる。
DSC05456_convert_20131017211415.jpg

・ なぜかおひな様がいらっしゃった。
DSC05458_convert_20131017211509.jpg

 男湯には西洋の方がお一人、一生懸命体を洗ってから湯船に浸り、無言で楽しんでおられた。本で読まれたルールを頑に守っていた紳士、多分、都会の方だろう。スイスの方かな?都心からかなり近いというメリットのある秘湯で、緑の季節にも訪れてみたいもの。


湯の澤鉱泉:24ℓ/分、ナトリウムー炭酸水素塩冷鉱泉(低張性弱アルカリ冷鉱泉)、pH8.2、 15.5℃、内風呂男女各1


・なお、本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。
ブログの全体メニューに戻る(→Top page)
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村


人気ブログランキングへ
旅休ドットコム・ブログナビゲーター
相互リンク募集・リンク集
関連記事
.09 2013 温泉 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://onsen6688.blog.fc2.com/tb.php/276-67ad2ef4