2017 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 12

湯岐温泉・山形屋-3-

湯岐温泉近くの雷滝と不動滝を見に、雷滝は少し下った所にあって静謐な感じがなかなか。また、矢祭町の滝川渓谷を少し散策。
ブログの全体メニューに戻る(→Top page)

第75章 湯岐温泉・山形屋-3-
Chapter 75 section 3, Fukushima prefecture, Yujimata onsen, Yamagataya -3-
English information:Yujimata onsen Yamagataya

 今回は、近場の紀行です。それは滝めぐり。

75.3 雷滝と不動滝 (Falls nearby yujimata onsen)

 雷滝は、湯岐温泉の上流側に少し歩いたところにある。道から谷側に降りて行くところに立て看板があるが、少し分かりにくい。もう少し上流に「雷滝入口」というバス停があるが、これに惑わされてはいけない。バス停から少し下った(湯岐温泉側)ほうにある。

・ 道路と看板、右側の谷に滝がある、徒歩30mほど。
DSC08411_convert_20140814191517.jpg

・ すぐに滝が見えてくる、暗い樹林の中にしっかりと滝がある。
DSC08410_convert_20140814191540.jpg

DSC08409_convert_20140814191600.jpg

 ここで、気づいたのが、減光フィルターも三脚も持って来なかったこと。滝を撮る予定はなかったから。そこで、シャッター速度を落とし、手ぶれをなるべく防いで撮影。脇を締めたり、木に寄りかかったりして撮影。のわりにはまあまあかな。

・ 少し見晴らしの良いスペースがちゃんとあって、撮影ポイントになっていた。いいですね。
DSC08394_convert_20140814191631.jpg

DSC08389_convert_20140814191659.jpg

・ アップで撮ってみる。
DSC08397_convert_20140814191723.jpg

DSC08401_convert_20140814191752.jpg

・ こちらは流される下流側。渓谷の音がこだまする。もちろん雷ほどの大きな音ではない。
DSC08400_convert_20140814191814.jpg

 湯岐温泉の下流側の山側から注ぐ支流があって、これが滝になっている。不動の滝だ。

・ 坊主頭が印象的な小さな滝、ただ清涼感が漂う。

DSC08430_convert_20140814191847.jpg

DSC08419_convert_20140814191910.jpg

DSC08421_convert_20140814191932.jpg

75.4 JR磐城塙町と矢祭町滝川渓谷 (JR iwaki hanawa station & Takigawa falls)

JR磐城塙駅がモダンだと聞いて立ち寄った。

・ 確かに5つの丸屋根がモダン。
DSC08432_convert_20140814191954.jpg

・ ここは、塙町の図書館が併設されている。
DSC08433_convert_20140814192019.jpg

 これは、いいアイデアだ(昔の国鉄では考えられない)。通勤/通学/他に駅には立ち寄ることは多いし、大抵はJRの駅は街の就寝にある(というか駅の周辺に街ができる)。いくらインターネットの時代になっても、本は絶対になくならない、貴重な知的資源。

・ 駅舎の中の天井は、木のドームになっていて、これもなかなか。
DSC08434_convert_20140814192042.jpg

 国道349号を常磐道に帰る途中、左手に「滝川渓谷」があった。福島県の遊歩道50選にもなっている。この日は猛暑だったので、涼みに出かけた。

・ 滝川渓谷は下流側から登って行くが、上からも降りることは出来そうだ。登るだけで1時間はかかりそうなほどよいハイキングコース。この日は時間がなく1/3(3丁目まで)だけ往復した。
DSC08477_convert_20140814192105.jpg

・ 駐車場から数分、杉の樹林の中を歩く。気持ちよいがこの日は暑かった。
DSC08435_convert_20140814192141.jpg

・ じきに橋を渡って、渓流沿いの小道を登ってゆくと滝が次々と現れる。前日、雨が降ったので水量がかなり多めな気がした。
DSC08443_convert_20140814192206.jpg

DSC08445_convert_20140814192234.jpg

DSC08447_convert_20140814192300.jpg

DSC08451_convert_20140814192321.jpg

DSC08453_convert_20140814192352.jpg

DSC08458_convert_20140814192421.jpg

DSC08465_convert_20140814192442.jpg

DSC08467_convert_20140814192507.jpg

・ 3丁目まで登ると、対岸に渡る橋があって、今日はここまで。
DSC08469_convert_20140814192613.jpg

DSC08472_convert_20140814192639.jpg

・ 下流を見ると渓流も渓谷の樹々も素敵だ。
DSC08475_convert_20140814192708.jpg

 この道、かなり涼しい。渓谷というのは冷たい風が上から下に流れていて、その吹き下ろす風は必ず冷えている。数℃低い感じがして実に爽快。奥入瀬渓谷まで行けないような普通の場合は、こんな穴場の渓谷に行けば結構満足する。ここはおすすめです。いつかは一番上まで往復したい。


・なお、本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・ 文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。

ブログの全体メニューに戻る(→Top page)
関連記事
.21 2014 温泉 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://onsen6688.blog.fc2.com/tb.php/376-8eed7101