2017 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 12

湯布院温泉・奥湯の里-2-

薄いコバルトブルー色の温泉がすばらしい。内湯と露天風呂二箇所を楽しむ。高温源泉の冷却が工夫されている。
ブログの全体メニューに戻る(→Top page)

第83章 湯布院温泉・奥湯の里-2-
Chapter 83 section 1, Ooita prefecture, Yufuin onsen, Okuyunosato -2-

83.3 温泉 (Hot springs)

 宿の構造はシンプルで、廊下の右手が5部屋、奥には外への出口がある。そこに、二つの内風呂と露天風呂がある。元々は男湯と女湯だったはず。最近は貸切風呂へのニーズが高いので貸切になったのでしょう。
DSC01093_convert_20150113222311.jpg

・ 母屋から外に出ると左手が湯殿、右の建物はお湯を冷却する設備で、塩田をヒントに細竹を並べてそこを伝わって落ちさせることで冷却している。源泉が90℃で、冷却すると数十度になるようだ。
DSC01076_convert_20150113220503.jpg

・ 右が宿泊棟、左が冷却設備、湯気が立ち昇っている。
DSC01054_convert_20150113220523.jpg

・ 風呂は二つ並んでいる。まず左手に入る。コンパクトな内湯。
DSC01050_convert_20150113220542.jpg

・ お湯はご覧の通り薄青色。これを通称コバルトブルーと言っている。かなり薄いコバルトブルー。メタケイ酸がかなり多いのでこの色がつく。
DSC01051_convert_20150113220602.jpg

・ 析出物は淡白。2枚
DSC01066_convert_20150113220622.jpg

DSC01065_convert_20150113220642.jpg

・ お湯はそれなりの量が出ている。
DSC01069_convert_20150113220702.jpg

・ 外のドアを開けるとすぐに露天風呂。
DSC01052_convert_20150113220726.jpg

・ コバルトブルーの半透明濁り湯で、これはかなり貴重な色。この色は、源泉が注がれて徐々に色がつくらしく、源泉の温度が熱いせいもあって、供給湯量は多くはなさそうだ。
DSC01053_convert_20150113220744.jpg

・ 夜の露天風呂から内湯を見る。
DSC01090_convert_20150113220801.jpg

・ こちらは、右手の内湯。左右対称になっている。
DSC01057_convert_20150113220819.jpg

・ 源泉の供給場所。バルブを触らないように覆いがある。
DSC01070_convert_20150113220839.jpg

・ 露天風呂、夕刻なので、斜陽が当たっている。2枚
DSC01058_convert_20150113220859.jpg

DSC01059_convert_20150113220922.jpg

・ やはり、薄いコバルトブルー。
DSC01060_convert_20150113220943.jpg

・ 白い筋は隙間からの太陽光。
DSC01073_convert_20150113221014.jpg DSC01071_convert_20150113221035.jpg


・ 析出物は、成分を反映させてか、少し淡白だがしっかりしている。
DSC01072_convert_20150113221055.jpg

 まず、7部屋に対して湯殿が二つなので、結構埋まっている。夕朝食前はまず一杯。そこで、時間をずらして入浴する。つまり、チェックイン直後、深夜、早朝、泉質はナトリウムー塩化物泉で、アルカリ性でメタケイ酸が多いので保湿性能がある。さっぱり、しっとりという感じで、色も薄青色なのですこぶる心地が良い。

 全国でもこの色の温泉はあまり知らない。色付きの温泉を探訪する方には貴重な秘湯です。山奥にある一軒宿という感じもいい。-3-では料理を。


お気に召せばclick
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へにほんブログ村

奥湯の郷:ナトリウムー塩化物泉(色は半透明の薄いコバルトブルー)、90℃、pH8.9、成分総計2071 mg/kg、内湯と露天風呂付きの湯殿二つを貸切。

・本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・ 文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。
ブログの全体メニューに戻る(→Top page)

<
関連記事
.19 2015 温泉 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://onsen6688.blog.fc2.com/tb.php/430-a25cff81