2017 08 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 10

湯布院温泉・奥湯の里-3-

地産池消の料理をいただいた。あぶり焼きとてんぷらが特にうまいし、むかごご飯も病みつきになりそう。
ブログの全体メニューに戻る(→Top page)

第83章 湯布院温泉・奥湯の里-3-
Chapter 83 section 3, Ooita prefecture, Yufuin onsen, Okuyunosato -3-

83.4 料理 (Dinner and breakfast)

 温泉に浸かれば腹が減る。6時きっかりに夕食がスタート。これから3泊の旅行なので、焼酎を一本いただいた。宿のロビー兼食堂にていただく。

・ 地鶏コースと和牛コース(追加料金少々)があった。すでに準備が整っていた。
DSC01078_convert_20150114055304.jpg

・ 和牛はサシの入った上質が5枚!もあった。普通は2枚ですよね。
DSC01079_convert_20150114055335.jpg

・ 炙っていただく。
DSC01084_convert_20150114055401.jpg

・ 和え物やあつあつの茶碗蒸し、こんさしなど。
DSC01083_convert_20150114055450.jpg DSC01080_convert_20150114055515.jpg

DSC01081_convert_20150114055606.jpg DSC01082_convert_20150114055700.jpg

・ 機を見計らってニジマスが登場。
DSC01085_convert_20150114055736.jpg

・天ぷらは10種類と手が混んでいる。極め付けはたしかブルーベリー、そして柿の天ぷらも。
DSC01086_convert_20150114055756.jpg

・ 最後はだご汁(団子仕立てのほうとうのようなもの)、これがかなりうまい。それにご飯も相当うまい。むかご入り。
DSC01087_convert_20150114055949.jpg

・ こちらは朝食、質素に見えるし豪華でもある。ご飯の湯気がとてもいいですね。実際、ご飯はとてもうまい。
DSC01109_convert_20150114060013.jpg

・ 和え物などもしっかりしています。
DSC01110_convert_20150114060041.jpg

DSC01111_convert_20150114060107.jpg

 この日は、長者原から冬山を徒歩2時間以上歩いて法華院温泉山荘に行く。しかし、昼食を変えるコンビニなどはなさそうだった。ので、余ったご飯をおにぎりにしていただけるか聞いてみた。とても快く、しかも、野沢菜風の野菜入りのおにぎりに仕立てていただいた。ありがとうございました。もちろん、冷えても美味でした。


83.5 おわりに (Closing remarks)

 地産地消という言葉はなかなか的を得た言葉。そこで生まれたものをその地でいただく。一番経済的でもあるし産業振興にもなる。観光や温泉産業は昔から国民的な産業で、今でも約24.5兆円(旅行消費額)もあるという。ついでに言えば、雇用は235万人、税収は1.9兆円である。最近はグローバル化と円安の影響で海外からの訪日客が増えていて、日本の生きる一つの道ですね。

 国内の人口に比例する産業は今後下降気味になるが、訪日客が増えて行けばこれは新しい産業になるはずだ。このため、政府は観光産業を重要な施策に据えている。ところが、観光産業にはメジャーな企業はなく、すべて地産地消型の企業だ。

 このレベルアップとグローバル対応、後継者問題などが未解決の課題。にしても問題はわかっているからまだしも手は打てる。中小企業の振興は観光に限らないから、ここに新しい解決策が打てれば必ず追い風になる。みさなん頑張りましょう。


お気に召せばclick
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へにほんブログ村

奥湯の郷:ナトリウムー塩化物泉(色は半透明の薄いコバルトブルー)、90℃、pH8.9、成分総計2071 mg/kg、内湯と露天風呂付きの湯殿二つを貸切。

・本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・ 文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。
ブログの全体メニューに戻る(→Top page)

<
関連記事
.21 2015 温泉 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://onsen6688.blog.fc2.com/tb.php/431-8fc06874