2017 08 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 10

長湯温泉・郷の湯旅館-2-

こだわりの宿であることがわかります。異空間に迷い込んだ感じがする。極め付けは濃厚温泉。析出物には本当にびっくり。

ブログの全体メニューに戻る(→Top page)

第85章 長湯温泉・郷の湯旅館-2-
Chapter 85 section 2, Ooita prefecture, Nagayu onsen, Satonoyu ryokan -2-
English information: Satonoyu ryokan

85.3 館内 (room and appearance)

 宿を予約する時には、たいてい一番安い部屋をお願いする。お風呂は同じだし、料理にはそれほど頓着しないから、経済優先。ほとんど何も気にせずお願いしたが、案内していただいたのは湯治棟だった。

・ 湯治棟の一部屋に案内していただいた。湯治棟は一人だった。いや静かです。こたつがあるのが懐かしい。考えてみると最近、旅館に「おこた」がない。
DSC01295_convert_20150118205642.jpg

・ 食事室の椅子、がっしりした重厚な椅子、その話を仲居さんと話していたら「あなたは家具職人か?」と聞かれてしまった。
DSC01313_convert_20150118205713.jpg

・ 湯治棟の夜の佇まい。
DSC01349_convert_20150118205732.jpg

・ 石油ランプが連なりに点灯されていて、風情満点です。
DSC01347_convert_20150118205752.jpg

・ 風呂の建屋です。狭い入り口が、これまたいいです。右側が男性用(1日目)。
DSC01348_convert_20150118205812.jpg

・ 建物の横に源泉がある。地下200mから自噴。
DSC01385_convert_20150118205834.jpg

DSC01386_convert_20150118205853.jpg

・ 但し書き。

DSC01296_convert_20150118205911.jpg

85.4 男湯 (Mens bath)

・ さて、男性用の風呂の戸を開けるとこれです。芸術的コンクリート湯船登場と思いきや、これはすべて析出物です。薄黄緑色で半透明の湯が溢れている。
DSC01298_convert_20150118205930.jpg

・ 「沸かさず」「薄めず」「循環せず」、これは湯守兼館主の哲学で絶対曲げない。ゆえに、お湯の温度は湯船に入れる量と湯船の大きさと外気温で決まる。「少し熱いのでは?」とお聞きすると、「そのとおり、体で勝負しろ」とは言われずに「掛け湯をすれば最初入る時だけ熱いがあとは大丈夫」と丁寧に教えてくださった。指示通りに実行すると確かにそう。早速、報告すると「でしょ!」と快活にご返事。いや、ありがとうございました。
DSC01310_convert_20150118205950.jpg

・析出物が成長して固まった湯船、次第に狭くなっていく。
郷の湯21_convert_20150118211117 郷の湯22_convert_20150118211140

DSC01300_convert_20150118210710.jpg

DSC01303_convert_20150118210737.jpg

・お湯は半透明で、内側にもぶつぶつの析出物が成長している。
DSC01311_convert_20150118210826.jpg

郷の湯23_convert_20150118211053

 成分は5000mg/kg以上あるので高濃度温泉、温度は源泉は51℃だから熱い。湯船の温度は43℃くらい。掛け湯を10杯ほどかぶると、丁度良い。確かに草津温泉など熱い湯の場合は掛け湯が伝統的に行われていますね。-3-は間違って入った貸切風呂、それに料理についてです。


お気に召せばclick
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へにほんブログ村

郷の湯旅館:マグネシウム・ナトリウム・炭酸水素塩泉、127ℓ/分(地下200mから自噴)、51℃、pH8.5、成分総計5573mg/kg、内湯が男女各1、貸切1。

・本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・ 文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。
ブログの全体メニューに戻る(→Top page)

関連記事
.07 2015 温泉 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://onsen6688.blog.fc2.com/tb.php/437-235b3769