2017 03 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 05

福地温泉・元湯孫九郎-6-

昨夜新雪が降ったようだ。冬は早朝、露天風呂の佇まいはただものではない。明かりが照り返る湯船、白の世界。

ブログの全体メニューに戻る(→Top page)

サブタイトル:死ぬ前に誰でも行ける日本の秘湯
Japan secluded hot springs that everybody will be able to visit before they die.


第87章 福地温泉・元湯孫九郎-6-
Chapter 87, section 6, Gifu prefecture, Fukuchi onsen Motoyu Magokurou-6-
English information: Motoyu Magokurou

87.11 夜明けの露天風呂(Open air bath in the early morning)

 男性用の大露天風呂(帝の湯)の味が忘れがたく、早朝の日の出前に出向いた。夜は明けているが、山中なので太陽の光は届いていない。昨夜新雪が降ったようだ。

・ 出ました。早朝の帝の湯、落ち着いた佇まいに心が揺さぶられる。
DSC02139_convert_20150315121849.jpg

DSC02140_convert_20150315121909.jpg

DSC02141_convert_20150315121928.jpg

・ 後ろを振り返ると、雪の中、脱衣所の明かりがなつかしい。
DSC02147_convert_20150315121949.jpg

DSC02153_convert_20150315122012.jpg

DSC02155_convert_20150315122037.jpg

DSC02154_convert_20150315122059.jpg

・ 湯船はゆらゆら、少しぬるめがとてもいい。
DSC02151_convert_20150315122120.jpg

・ お湯はたっぷり注がれる。
DSC02159_convert_20150315122139.jpg

・ この流れる湯の先に身を置くと丁度良い。背中に感じる圧力と少しだけ熱めの湯。たまりません。
DSC02160_convert_20150315122158.jpg

 残念なことはしばらくして明るくなると、灯りが消えたこと。太陽の光が差さない雪の日は消さないでもらえたらうれしい。


87.12 おわりに(Closing remarks)

 冬の露天風呂こそ、秘湯の真骨頂だと思います。雪の中の露天風呂というのが異空間ですから。布団の中も暖かいしまどろめます、けれど、露天風呂は道筋が少し寒いだけで、それさえもいい。その先に湯船があるから。

 清少納言は枕草子で「冬はつとめて。雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いとつきづきし。」などと綴っておられました。日本人の遺伝子は1000年前と変わっていません。

 余計な話ですが、情報空間のブログはいつかはなくなるだろうが、1000年後に情報的に発掘されて、2000年前と同じ自然感覚が1000年続いたと言われるかもしれない。

・ 最後に、これは脱衣所、なんの変哲もない、わけではありません。
DSC02162_convert_20150315122220.jpg

・ 左が電熱器、こちらが電熱床マット、どちらも人感センサーで自動ON/OFFする。いや恐れ入りました。
DSC02089_convert_20150315122244.jpg DSC02161_convert_20150315122306.jpg

 遭遇してはじめてわかる、あればよかったベストワンです。冬の露天風呂への配慮、たぶん女将の発案ではないでしょうか。源泉管理とオーディオは館主担当。

 元湯孫九郎の特長は、第一に豊富な湯量を利用して熱交換器で調整した適温源泉掛け流し、第二が圧倒的なオーディオシステムとくつろぎルーム、第三が先ほどの脱衣所の保温システム、これらからわかるのは、宿の哲学が「おもてなし」に徹していること。

 ブログのサブタイトルを「死ぬ前に誰でも行ける日本の秘湯 」英訳は「 Japan secluded hot springs that everybody will be able to visit before they die.」(英語?)にしようと思います。

 元湯孫九郎はこれで終わりますが、雪のついでに、次回はスノーシューの余談です。
 一つ前に戻る(return to a former report)


お気に召せばclick
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へにほんブログ村

元湯孫九郎:内湯:ナトリウム炭酸水素塩泉、202ℓ/分、81.8℃、pH 、蒸発残留物904mg/kg、成分総計1656mg/kg、露天風呂(男女):単純温泉、帝の湯2号泉=150ℓ/分、67.2℃、pH6.9、帝の湯5号泉=250ℓ/分、36℃、が男女各1 、貸切露天1 。

・本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・ 文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。

ブログの全体メニューに戻る(→Top page)

関連記事
.28 2015 温泉 comment2 trackback0

comment

hajime
弊ブログにコメントいただきありがとうございました。

先日、福地温泉に行こうと思い、サイトやブログでいろいろと情報を探したり、調べたりしていたところ当ブログにたどり着きました。筆者様の温泉愛があふれており、ここに紹介されている旅館は間違いない!そのように感じました。写真が多く、視覚でも知ることができ、とてもわかりやすくていいですね!内容や文章の書き方によって満足感などは伝わるものですから、いいところだったんだなとわかりました。実際行ってみて、とてもいい温泉、旅館で大満足でした。
温泉はもちろん最高でしたが、音泉パラゴン、すごく気に入ってしまいました。絶対リピートします。

今後も温泉に行く際に参考にさせていただきます。
温泉っていいですよね!
2016.02.21 00:04
izumi6688
hajime様
心温まるコメントいただきありがとうございます。

たしかに、実は、その温泉が気に入ったかどうか、感動したかどうかは
文章でわかりますよね。紹介した全てが同じ感動ではないので、
告白すると、紹介しようか迷う宿もあります。
読めばわかりますので、あくまでブログは参考までにということで。

ということよりも、温泉っていいですよね、ホント。


2016.02.21 04:57

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://onsen6688.blog.fc2.com/tb.php/459-d4733695