2017 08 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 10

余談28 国宝松本城

松本盆地の中央にそびえる松本城は国宝である。当時の超高層ハイテク城塞建築物で、どこからでも見え、逆にどこでも見渡せる。

ブログの全体メニューに戻る(→Top page)

余談28 国宝松本城(Matsumoto castle)

 松本市の中央に国宝松本城がそびえる。シックで流麗で堅固である。当時の超高層ハイテク城塞建築物で、昔は松本盆地のどこからでも見えたはずで、逆に天守閣からはどこでも見渡せる。

 掘は実は三重になっていて、そこに映し出される城がまたすばらしい。内部は昔のままで、そこにいろいろな歴史的展示物がある。暖房はない。

 シックな城の仲間では、規模においては熊本城が勝るかもしれないが、巡らされた掘と天守閣雨からの展望においては松本城の圧勝だ。

・ 青空と水、石垣と城の調和が抜きん出ている。
DSC02196_convert_20150316200503.jpg

DSC02200_convert_20150316200533.jpg

・ 冬の青空に映える松本城。
DSC02203_convert_20150316200556.jpg

・ 威風堂々とはこのことだ。
DSC02204_convert_20150316200621.jpg

DSC02207_convert_20150316200642.jpg

・ 重厚とはこのこと。
DSC02214_convert_20150316200704.jpg

・ 中は薄暗く昔のままの柱が林立している。
DSC02209_convert_20150316200729.jpg

DSC02210_convert_20150316200752.jpg

DSC02213_convert_20150316200820.jpg

・ 北アルプスを望む。常念岳は綺麗な時はもっときれいだ。冬の北アルプスと安曇野は以前紹介しました。
DSC02211_convert_20150316200908.jpg

王が鼻、あそこからの展望は絶景で、あの裏には王が頭ホテルもある。その紹介はこちらをご覧ください。
DSC02212_convert_20150316212724.jpg

・ 街中の中町通り、前回はガラスの器を買いましたが、今回は家具屋さんで小椅子を一脚発注しました。
DSC01711_convert_20150316212750.jpg

松本市は前回紹介しました。今回は蕎麦屋の「佐々木」、通は誰でも知っている。(前回は「浅田」)
DSC02215_convert_20150316212815.jpg

 松本市は住んでみたい街です。そもそも長野県は長寿県で、健康にも良さそうな気がする。澄んだ空気、湿度が低そうな機構、温泉と山、適度な大きさの街、魅力満載だ。その象徴が松本城。

 次回は四万温泉の四万たむらです(continue to next report)
 一つ前に戻る(return to a former report)


・なお、本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・ 文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。

ブログの全体メニューに戻る(→Top page)
関連記事
.04 2015 未分類 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://onsen6688.blog.fc2.com/tb.php/462-c628cb48