2017 08 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 10

奥山田温泉・満山荘(再訪)-2-

湯の色が最初は完全透明、翌日が白濁。天気は最初が晴天、次が霧。いずれも幻想的な佇まい。霧は人を閉じ込める。
ブログの全体メニューに戻る(→Top page)

第94章 奥山田温泉・満山荘(再訪)-2-
Chapter 94, section 2, Nagano prefecture Okuyamada onsen Manzansou -2-
English information: Manzansou
2015.6.10-11

94.3 展望岩風呂・一万尺風呂(男性用) (Indoor and open-air spa for men)

 早速、男性用に出向く。静かな内湯と、記憶によれば白濁の露天風呂のはず。

・ 「展望岩風呂・一万尺風呂」と書いてあるが、右の文字は「秘湯探訪」の「秘」と「探」である。
DSC04295_convert_20150702045301.jpg

・ 今日の一番だから床は乾いている。斜めから射す日差しの中で湯船は静かに正座中、という感じ。
DSC04172_convert_20150702045329.jpg

・ 湯船は二つあり、下は繋がっている。奥の小さな方から源泉が注がれる。熱かったので早々に退散。
DSC04174_convert_20150702045347.jpg

・ 外に出た階段には保温器がついていた。なんせ氷点下の床に素足をつけるのは結構しびれるから冬は足に優しい。
DSC04191_convert_20150702045413.jpg

・ むむっ、違う!色が。前回は白濁していたのに透明だ。源泉パイプが故障したりしたから泉質がかわったのだろうか。
DSC04176_convert_20150702045433.jpg

・ これは翌日、濁ってきました。そういえば、白濁の湯というのは源泉は透明でも空気に触れて酸化しながら白濁の粒子が析出してくる、ことはいつも言っていた。でも、こんなに時間がかかるとは思わなかった。明日になれば一層白濁するのかもしれない。
DSC04296_convert_20150702045453.jpg

・ こちらは、最初の日の様子、全く透明、爽やかな日差しで高原の感じだ。でも、なんか、前回とあまりに違いすぎる。
DSC04180_convert_20150702045517.jpg

DSC04179_convert_20150702045536.jpg

・ はい、こちらは翌日、白濁した上で、曇天なので鉛色に見えます。
DSC04313_convert_20150702045558.jpg

・ 戻って最初の日、周りの緑も一層生い繁ってきたようだ。閉鎖的な感じが増して、ここだけが別空間の趣だ。
DSC04186_convert_20150702045617.jpg

・ 静かに注がれる源泉と波紋、最近このアングルに凝っています。
DSC04185_convert_20150702045638.jpg

DSC04183_convert_20150702045702.jpg

・ またまた、翌日、霧がかかってさらに幻想的になった。
DSC04309_convert_20150702045731.jpg

DSC04312_convert_20150702051403.jpg

 というわけで、透明湯と濁り湯を体験できました。白濁する時間は温泉によって違うはず。満山荘は緩やかに白濁する温泉。念のため、館主にお聞きすると「泉質は依然と全く変わっていません」とのご返事。

 初日の晴天下の透明の感じと翌日の曇天下で霧の漂う幻想的な感じ、いずれも負けない。が、霧の方がインパクトが大きい。ここに静かに一人で浸っていると、この世界に一人取り残された気持ちになってくる。

 やはり、再訪しないとわからないもの。前回は5月後半、今回は6月初旬の梅雨時。すると秋や冬は全く違うはず。またしても宿題を残しましょう。


満山荘:源泉72.9度、pH=6.8、単純硫黄泉(無色透明・硫化水素臭)、蒸発残留物=651mg/l、内湯(混男1、女1)、露天2(男1、女1)。お湯は供給路は透明だが、時間と共に湯の花が舞い白濁。

-4-は女性用風呂を紹介。(Continue to next report)
DSC04265_convert_20150717083615.jpg IMG_0507_convert_20150719031318.jpg

一つ前に戻る。(Return to a former report)

ブログの全体メニューに戻る。(Go to Top page)
全てのレポートはこちら。(Go to All report)
English list : Japan secluded hot springs list (please click here)

お気に召せばclick
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へにほんブログ村

満山荘:温泉概略データ(浴室に掲げられていた成分表の一部):源泉72.9度、pH=6.8、単純硫黄泉(無色透明・硫化水素臭)、蒸発残留物=651mg/ℓ、内湯(混男1、女1)、露天2(男1、女1)。

・本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・ 文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。

関連記事
.17 2015 温泉 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://onsen6688.blog.fc2.com/tb.php/501-8bb9d342