2017 08 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 10

台湾・北投温泉・滝之湯

滝之湯は日本統治下時代の1907年に開業。雰囲気は日本の古い共同浴場そのものでお湯は熱めのラジウム・硫酸塩泉で効能があるという。
ブログの全体メニューに戻る(→Top page)

番外編(27) 台湾・北投温泉・滝之湯(2015.8.17)
Taiwan Beitou onsen Takinoyu

 これまで紹介した皇家四季酒店(Royal four seasons hotel)はモダンなホテルで部屋に温泉岩風呂があった。北投公園露天温泉は地域に密着した水着着用の男女共同露天風呂。どちらも日本にあまりない様式と雰囲気でした。

 滝之湯は日本式の共同浴場だというので期待が膨らんだ。北投公園露天温泉には午前5時45分に入り、滝之湯の営業開始時間の6時半前に早々に移動した。階段を降りた川向こうの至近距離にある。

・ 例の中央の川は高層ホテル群になっている。
IMG_0626_convert_20151009043305.jpg

・ 木立の中に入り口が品良く鎮座している。
DSC06456_convert_20151009043345.jpg

・ 看板は「滝之湯浴室」と書かれているようだ。
IMG_0622_convert_20151009043409.jpg

・ 左が男湯、右が女湯、料金は100元(約400円)。露天風呂と比べると高い。pHが1.2 ±0.2、温度が42±2℃と書かれている。日本より正確な表現だ。にしても強酸性で厳しい湯。
IMG_0623_convert_20151009043429.jpg

・ 番台の左は物置風になっていて、こちらから見ると倉庫のようだ。
IMG_0618_convert_20151009043451.jpg

・ 中に入るといきなり湯殿があって湯舟が二つ。実は奥の湯舟にはすでに先客がおられたので写真は撮れない。全て逆方向からの写真。しかし、営業開始の6時半に行っても先客がいるということは、地元の方に違いない。ゆったりとされていた。
IMG_0612_convert_20151009043514.jpg

 色は青色ではなく薄い緑褐色という感じだ。コンクリートの浴槽と柱、やや朽ち果てた感じ、これはいい。

・ この壁際(この裏は女性湯)が脱衣所になっている。40人分くらいある。当時は賑わっていたに違いない。法師温泉や田舎の共同浴場と似ている。
IMG_0614_convert_20151009043544.jpg

・ 天井は湯気を抜くための窓。
IMG_0615_convert_20151009043609.jpg

・ 湯舟に浸って上を見るとこんな具合。
IMG_0617_convert_20151009043705.jpg

 う〜んん、これは日本だ。それに秘湯の佇まい。二つある湯舟の下の方、こちらは上よりやや温度が低い、と言っても43℃くらいありそうだ。時間が完全に止まっている。

 まず泉質は青湯という熱めの硫酸塩泉で効能があるという。ラジウムを含み玉川温泉と似ているという。滝之湯の眼の前の川でも発見された北投石はこのラジウムが気の遠くなる年月を経て凝縮されたもの。滝之湯もこの効能で病を治癒された方は多いのではないか。

 湯舟は熱めだったが妙に体に染み入る感じ、確かに強酸性だからうなづける。それにだんだんと汗が噴き出してくる。強酸性の効果かラジウムの効果なのか定かではない。あくまで個人的なもので言葉で表現できない何かが体に起きている不思議な感じがした。台湾で秘湯発見!という感じになった。

 滝之湯は日本統治下時代の1907年に開業したとされている。西洋諸国が「植民地」と称して、今では人道的にいかがなものかと言われる介入をしていた時代だ。日本も当時の西洋のグローバル慣習に従って台湾を統治下においた。

 そこで再発見したのが温泉!台湾にすごい温泉がある、と知って日本政府の統治者は多いに喜び日露戦争時には療養所として栄えたらしい。1923年には昭和天皇(当時は皇太子)も訪れたという。今となっては美しい風呂とは言えないが、名誉なことだ。

 日本の台湾統治に関しては、事実かどうかは別にして日本の良いところを伝えたということになっている。確かに台湾の方は親日の方が多いのは旅行者には嬉しいもの。

 温泉が昔のままの共同浴場であることが一番腑に落ちた。現代風ホテル、社交場の露天風呂も悪くはないが、秘湯風情の滝之湯に来て妙に落ち着いてしまった。グローバルタイムスリップの湯である。効能もあると思う。


台湾・北投公園露天温泉:青湯と呼ばれる強酸性のラジウム温泉。日本式の分析表はない。PHは1-2で泉質も日本の玉川温泉に似ているとのこと。

次回は温泉博物館と図書館を紹介。(Continue to next report)
DSC06465_convert_20151009055445.jpg DSC06518_convert_20151009055513.jpg

一つ前に戻る。(Return to a former report)

ブログの全体メニューに戻る。(Go to Top page)
全てのレポートはこちら。(Go to All report)
English list : Japan secluded hot springs list (please click here)

お気に召せばclick
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へにほんブログ村

・本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・ 文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。

関連記事
.09 2015 温泉 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://onsen6688.blog.fc2.com/tb.php/525-2dab97f2