2017 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 12

台北市・士林夜市

士林夜市は海鮮を中心にした一大食彩市、海鮮を中心とする夜店が並ぶ。食材は豊富で、カニ揚げを食べました。足まで全てを。
ブログの全体メニューに戻る(→Top page)

余談33 台北市・士林夜市

士林夜市(シーリンイエシー)

 士林夜市へは台北駅からMRT(新交通システム)で10分程度、士林の一つ手前の劍潭駅で下車する(間違えないように)。ここから北へ三つの道路が扇状に伸びている。食べ物を中心とする屋台が所狭しと並ぶ。夕刻から夜まで人の列は絶えない。

・ 中央にあるお寺
DSC06523_convert_20151014061630.jpg

・ 元の市場、今は安全上の問題だろうか営業していないが、地下は大変な盛況だ。
DSC06526_convert_20151014061703.jpg

DSC06527_convert_20151014061725.jpg

・ 夜市の群れ、台湾の方は自宅で食べるより外食される文化らしい。腹一杯または小腹を満たすようなあらゆる食べ物が売られている。
DSC06545_convert_20151014061747.jpg

DSC06546_convert_20151014061808.jpg

DSC06544_convert_20151014061829.jpg

DSC06543_convert_20151014061857.jpg

・ 地下は一大屋台群になっている。従業員の方々が勢い良く調理されている。
DSC06536_convert_20151014061922.jpg

・ 主に海鮮料理が多い。ワタクシの好きな牡蠣もある。が今ひとつ勇気が出ない。
DSC06534_convert_20151014061946.jpg

DSC06538_convert_20151014062012.jpg

DSC06547_convert_20151014062035.jpg

DSC06531_convert_20151014062059.jpg

DSC06525_convert_20151014062125.jpg

・ たまには肉食系もある。
DSC06537_convert_20151014062149.jpg

・ 出ました、牡蠣焼きです。
DSC06528_convert_20151014062248.jpg

・ ギョッとしたのがこれ、こちらを見ているのは何これ?
DSC06533_convert_20151014062315.jpg

・ エビです。でもこの青色は??この世のものとは思えない鮮やかな青色。
DSC06532_convert_20151014062346.jpg

・ さて、店員さんは例外なく威勢がよく手際よくさばいていく。日本の魚市場のようだ。
DSC06539_convert_20151014062414.jpg

・ カニを発見、どうもソフトシェルクラブのように見える。ここでたまらず注文!するともう一度揚げてくれて熱々に。
DSC06529_convert_20151014062446.jpg

・ 食べやすく二つに割ったソフトシェルクラブ風。とにかく、甲殻を足まで含めて全部を食べきりました。お腹の調子も大丈夫!!次回はもっと大胆に食べよっと!
DSC06535_convert_20151014062513.jpg

・ さっぱりしたい方はフルーツを。
DSC06541_convert_20151014191028.jpg

・ アイスクリームも即座に作っていただける。
DSC06549_convert_20151014062552.jpg

DSC06548_convert_20151014062622.jpg


 食への欲望は止まらないらしい。お腹をこわさないか心配したが、それは無用。もしここで食中毒が起これば夜市そのものへの信頼感が揺らいでしまう。そうならないように皆さん頑張っておられた。

 食べてみれば案ずるよりは産むが易しでした。ならば次は牡蠣を食べなきゃね。

 日本でも昔、夜市というものはどの街でもごく普通にあった。いわゆる外食産業というものもまだ生まれてもいなかったのだから、小さな屋台で普段食べないようなものを楽しむのが庶民のささやかな楽しみだった。

 アジア圏の新興国にはこんな路上の小店が軒を並べている風景は日常だ。安全性は?となるが、台湾市では、特定のエリアでの許可制になっていると思う。どこでも無秩序にはないから。

 すると観光資源にもなってくるので定着してゆく。豊富な食材を安全安価に提供できれば、ちょっと小腹が空いた時や、大腹が唸っ他時にはありがたく楽しめる。アルコールのお店がほとんどないことから、やはり食が中心なのだろう。


次回は余談で台北市・自由広場を紹介。(Continue to next report)
DSC06577_convert_20151014193413.jpg DSC06578_convert_20151014193441.jpg

一つ前に戻る。(Return to a former report)

ブログの全体メニューに戻る。(Go to Top page)
全てのレポートはこちら。(Go to All report)
English list : Japan secluded hot springs list (please click here)

お気に召せばclick
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へにほんブログ村

・本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・ 文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。

関連記事
.18 2015 未分類 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://onsen6688.blog.fc2.com/tb.php/528-a1fb2d88