2017 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 12

銀山温泉・能登屋旅館-3-

正面にある談話室が2階から4階に続いている。この部屋だけでなく景色が温泉街、そして翌朝は新雪が降り積もった。絶景です。
ブログの全体メニューに戻る(→Top page)

第105章 銀山温泉・能登屋旅館-3-
Chapter 105, section 3, Yamagata prefecture Ginzan onsen Notoya ryokan -3-
Japanese information: 能登屋旅館
English information: Ginzan onsen Notoya ryokan
2016.1.8-9

105.6 昔の面影 (Taisho era style))

 最初に翌朝の能登屋の写真から。
DSC00347_convert_20160123125159.jpg

 雪が降り積もって一層おもむきが増しました。建築様式がよくわかります。洋風の玄関、それに3階建ての上に4階と5階の小さな部屋(望楼?)が見えます。

配置図を見ると各階の中央通路の下が談話室です。温泉街が見渡せます。館内からそこへ行きました。
DSC00419_convert_20160123125227.jpg

・ まず4階は大正風の談話室になっています。なかなかのセンスです。
DSC00218_convert_20160123125245.jpg

・ 上を見上げると5階建てのあの望楼が吹き抜けになっていました。
DSC00219_convert_20160123125303.jpg

・ そこにまた大正風の照明。
DSC00221_convert_20160123125328.jpg

・ 障子が粋です。こんな遊び心が日本人は好きなんですね。春を待つ梅と鳥の構図でしょうか?
DSC00220_convert_20160123125345.jpg

・ 談話室の手前左は食事処になっていました。
DSC00222_convert_20160123125405.jpg

・ こちらは3階です。ぐっと地味になってきましたが、昔のままの佇まい。
DSC00290_convert_20160123125428.jpg

・ 窓からは温泉街が見下ろせます。
DSC00291_convert_20160123125446.jpg

・ 通り向かいの宿、古勢起屋の雪灯りがなかなか。
DSC00304_convert_20160123125504.jpg

DSC00306_convert_20160123125521.jpg

・ 二階に降りるとこの談話室。ガラス戸のデザインがモダン。
DSC00296_convert_20160123125541.jpg

・ 窓からは夜の雪景色。

DSC00297_convert_20160123125559.jpg

DSC00298_convert_20160123125619.jpg

105.7 翌朝は雪 (Snow in the morning)

 一夜明けると念願の雪が降り積もっていた。これは幸運です。

・ 談話室の窓から見ると雪一色。
DSC00365_convert_20160123125638.jpg

・ 結構降っている。
DSC00369_convert_20160123125657.jpg

・ 外に出ると雪景色。15cmくらい降ったようだ。ポストさんは白い帽子。
DSC00354_convert_20160123125716.jpg

DSC00321_convert_20160123125735.jpg

DSC00350_convert_20160123125754.jpg

DSC00351_convert_20160123125817.jpg

 観光客の身勝手ですが、この雪、しばらくそのままにしておいていただけるとうれしい。新雪の雪に長靴で足跡をつけたことは皆さんありますよね。大人になってもそうしたい(ワタクシは)。

 溶けたり凍ったりして危険だから除雪されていて、朝に写真を撮ってしばらくしたらもう除雪されていた。わがままよりは安全だ。雪道を歩いたことがない方々にはたしかに危ない。

・ 街全体が冬一色に変わった。
DSC00392_convert_20160123133259.jpg

DSC00395_convert_20160123133317.jpg

DSC00396_convert_20160123133335.jpg

 こんな街に住んだこともないにもかかわらず、郷愁を誘うのはなぜだろうか?古くから日本の原風景を写真で見てきて、その映像が頭に刷り込まれているのだろうか。

 世界から取り残されたような一つの街、雪に埋もれれば昔は行き来するにも並大抵ではなかっただろう。

 アジアの方々がここを訪れて日本の原風景の佇まいを肌で感じ、雪に触れてその冷たさと美しさにも感動していただけるなら、何かを共有できるような気がしてくる。この感覚は大事ですね。


・ 銀山温泉能登屋旅館:ナトリウムー塩化物・硫酸塩泉、63.8℃、pH=6.76、蒸発残留物成分総計2021mg/l、内風呂・露天風呂:男女各1、貸切洞窟風呂1。

-4-は温泉を紹介。(Continue to next report)
DSC00200_convert_20160204205201.jpg DSC00212_convert_20160204205229.jpg

一つ前に戻る。(Return to a former report)

ブログの全体メニューに戻る。(Go to Top page)
全てのレポートはこちら。(Go to All report)
English list : Japan secluded hot springs list (please click here)

お気に召せばclick
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へにほんブログ村

・本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・ 文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。

銀山温泉能登屋旅館
関連記事
.08 2016 温泉 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://onsen6688.blog.fc2.com/tb.php/566-29a5aa79