2017 04 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2017 06

塩原元湯温泉・大出館-4-

宿泊料は平日で8790円から。牛鍋をヒレステーキに交換すると600円増でこれはお値打ちです。温泉も含めて総合力でコスパがいい。
ブログの全体メニューに戻る(→Top page)

第108章 栃木県塩原元湯温泉・大出館-4-
Chapter 108, section 4, Tochigi prefecture Shiobara motoyu onsen Ohidekan -4-
Japanese information: 大出館
English information: Ohidekan
2016.3.31-4.1

108.7 食事 (Dinner and breakfast)

 食事は夕食も朝食も部屋食です。最初にお断りしたいのが宿料。1泊2食付きの平日最低料金(税込)は8790円からで、休日の最高が14190円。ワタクシは基本的には最安値でお願いします。

 料理について言われたのは、夕食は牛鍋だが600円増しでヒレステーキにアップできるとのこと。そこで、一人は標準、もう一人はヒレステーキにしました。それでも1万円いかない。

・ お膳に盛られて部屋に入場。
DSC00902_convert_20160426164238.jpg

・ 標準とヒレステーキ。結構厚めですね。
DSC00908_convert_20160426164807.jpg DSC00901_convert_20160426164825.jpg

・ ステーキは焼いていただきます。お刺身や揚げた魚などがいろいろあって結構楽しめます。
DSC00909_convert_20160426164502.jpg DSC00906_convert_20160426164521.jpg

DSC00905_convert_20160426164538.jpg DSC00903_convert_20160426164606.jpg

DSC00904_convert_20160426164625.jpg DSC00907_convert_20160426164705.jpg

・ 朝食は標準仕様ですね。十分です。
DSC00941_convert_20160426164722.jpg

というわけで食事紹介はつれなく終わります。


108.8 おわりに(Closing remarks)

 全体をレビューしてみます。温泉街の塩原温泉から離れて山奥に行く道がいい。こんなところに温泉あるのかな、と思っていると到着します。「日本秘湯を守る会」の宿です。

 建物は鉄筋コンクリートで部屋数もそれなりの数、頑丈だが風情満点というわけではない。温泉は実力派。特にここだけにしかないという黒い墨の湯、これは真っ黒ではなく灰白色で温度もぬるめ、それが魅力です。

 うぐいす色の湯は、貸切もあって湯船も内湯と露天風呂が各々あって楽しめる。にごり湯好きにはたまらない。硫黄臭はきつくないので、家に帰って服が臭うことはない。

 お湯の色は光の加減などで変わるのが面白い。うぐいす色の湯も入れたては濁りは少ないが、翌日は濁ってくる。


・ 塩原元湯温泉・大出館:含硫黄ーナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉硫酸塩泉(硫化水素型)(中性低張性高温泉)、148.8ℓ/分、50.9℃、pH=6.2、蒸発残留物1842mg/kg、内風呂+露天風呂:男(混浴)女各1、貸切内湯1、墨の湯(混浴)1。

次回は秘湯シリーズ15で福島県那須の三斗小屋温泉煙草屋を紹介。(Continue to next report)
DSC01653_convert_20160604081902.jpg IMG_5535_convert_20160608060841.jpg

一つ前に戻る。(Return to a former report)

ブログの全体メニューに戻る。(Go to Top page)
全てのレポートはこちら。(Go to All report)
English list : Japan secluded hot springs list (please click here)

お気に召せばclick
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へにほんブログ村

・本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・ 文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。

塩原元湯温泉・大出館
関連記事
.04 2016 温泉 comment2 trackback0

comment

たじりん
ヒレステーキに600円アップで変更できるなんてお安いですね。
夕食魚もついててボリューム満点でしたね。朝ごはんも十分おかずがあって美味しそうでした。うぐいす色の湯いいですね。私も行ってみたいです。
応援クリックさせていただきました。
2016.06.05 14:43
izumi6688
たじりん様

コメントと応援クリックありがとうございます。
コスパ重視で言えば次回も1万円以下の秘湯を紹介します。
赤い内湯、透明微白濁の露天風呂、透明の貸切(天空)風呂。

たじりんさんのブログは基礎知識が充実していて、
あるようでないブログだと思いました。



馬場

2016.06.05 21:26

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://onsen6688.blog.fc2.com/tb.php/592-977a02f2