2017 08 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 10

甲子温泉・大黒屋-4-

櫻の湯は通常女性用で時間によって男性も可。大岩風呂より小さいが、その静謐な空間は感動的。底の丸石の感触がたまらない。
ブログの全体メニューに戻る(→Top page)

第110章 福島県甲子温泉・大黒屋-4-
Chapter 110, section 4, Fukushima prefecture Kashi onsen Daikokuya -4-
Japanese information: 大黒屋
English information: Daikokuya
2016.7.7-8

110.6 櫻の湯

 混浴の大岩風呂の右となりに櫻の湯がある。こじんまりした湯船に足を踏み入れたが、湯船を見て固まってしまった。この静謐さは芸術だ。

・ いきなり登場。とにかく静寂、静謐な世界。音は静かに注がれる源泉の流れだけ。窓の外は深山の緑だけ、それが湯面に映る。
DSC02523_convert_20160811155251.jpg

・ 静かに溢れるのみ。
DSC02527_convert_20160811155322.jpg

・ 底には丸い小石が敷き詰められている。
DSC02536_convert_20160811155341.jpg

・ 中央に子宝石のようなもの。大岩風呂と同じ配置。
DSC02528_convert_20160811155400.jpg

・ ただただ注がれる。
DSC02541_convert_20160811155422.jpg

・ 湯量は豊富。
DSC02542_convert_20160811155442.jpg

・ 子宝石は小さめ。お湯はあくまで透明。
DSC02533_convert_20160811155502.jpg

・ 久々に撮れた底の丸石。お湯があるとは思えない。お湯の透明さと静かさを象徴する。
DSC02545_convert_20160811155521.jpg

・ 壁には泉質の古い分析書が掲げられている。とにかく古いものは大事ですね。
DSC02544_convert_20160811155541.jpg

 ちょっと言葉にできない感動。これはインスタレーションです。wikipediaによると「インスタレーション (英語: Installation art) とは、1970年代以降一般化した、絵画・彫刻・映像・写真などと並ぶ現代美術における表現手法・ジャンルの一つ。 ある特定の室内や屋外などにオブジェや装置を置いて、作家の意向に沿って空間を構成し変化・異化させ、場所や空間全体を作品として体験させる芸術。」と定義されている。

 ね、わかりますよね、などとすまして言いたいわけではありませんが、まさにインスタレーション、それも裸で体験できる芸術。

 たまたま、ワタクシが入湯している時は誰も来ませんでした。一人でこの静寂、適温のお湯に浸り溢れる湯を眺めるのは、不思議な体験。久しぶりに万人にお勧めしたい温泉に巡り合いました。

 実は何年か前に立ち寄って大岩風呂は見せていただきましたが、櫻の湯は知りませんでした。


・ 元湯甲子温泉旅館大黒屋:1号泉:カルシウム・トリウムー硫酸塩温泉(低張性弱アルカリ高温泉)、413ℓ/分、45.1℃、pH=7.8、蒸発残留物974.7mg/kg、2号泉:単純温泉(低張性弱アルカリ高温泉)、220ℓ/分、43.1℃、pH=7.8、蒸発残留物932.7mg/kg、内風呂+露天風呂:男女各1、大岩風呂(混浴)2、櫻の湯(女性用)1。

-5-は男女別の内風呂と露天風呂を。 (Continue to next report)
DSC02431_convert_20160811163904.jpg DSC02416_convert_20160811163926.jpg

一つ前に戻る。(Return to a former report)

ブログの全体メニューに戻る。(Go to Top page)
全てのレポートはこちら。(Go to All report)
English list : Japan secluded hot springs list (please click here)

お気に召せばclick
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へにほんブログ村

・本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・ 文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。

甲子温泉大黒屋
関連記事
.11 2016 温泉 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://onsen6688.blog.fc2.com/tb.php/603-2b9bf07d