FC2ブログ
2018 07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>> 2018 09

大沢温泉(菊水館)-1-

大沢温泉は山水閣、湯治屋、菊水館からなる。菊水館ひなびた佇まいの茅葺屋根の宿。目の前には豊沢川、古を彷彿とさせる温泉です。
ブログの全体メニューに戻る(→Top page)
全てのレポートはこちら(Go to All report)。

第127章 岩手県 大沢温泉(菊水館)-1-
Ohawa onsen Kikusuikan -1-
Chapter 127, section 1, Iwate prefecture Ohsawa onsen Kikusuikan -1-
Japanese information: 大沢温泉(菊水館)
English information: Kikusuikan, another site
2017.10.19-20

127.1 はじめに (Opening remarks)

 山奥、渓流沿いに佇む家族経営の小さな一軒家、というのがワタクシの好きな秘湯です。今回は「家族経営の小さな」という条件だけが外れている温泉です。でも、行ってみるまで知らなかった特長があり、これには参りました。

 大沢温泉は山水閣、湯治屋、菊水館からなる一つの旅館です。それぞれが強い個性を持っています。温泉は素晴らしく、特に大沢の湯は渓流を見下ろす大露天風呂です。パンフレットを見ると

大沢温泉マップ_convert_20171102132615


 宿の規模ですが、山水閣は57室、湯治屋も57室、菊水館は17室という巨大さです。これにはびっくり、さらに、山水閣は新築の和風モダンの宿、湯治屋は昔ながらの湯治棟、菊水館は茅葺です。
 菊水館はおよそ150年前に建てられ、湯治屋はおよそ210年ほど経過しているそうです。これに加えて真新しい山水閣があり、お客の様々な要望を叶えてくれる宿です。

 花巻に疎開した高村光太郎が「本当の温泉の味がする」などと言ったそうです。

127.2 大沢温泉 (Ohsawa onsen)

・このパネルは湯治屋を中心にした見取り図です。左上が菊水館、右には山水閣があります。温泉は南部の湯、大沢の湯、薬師の湯、かわべの湯、豊沢の湯というように多彩です。
DSC07748_convert_20171102132658.jpg

・ これは温泉のリスト。男女別の時間が細かく解説してあります。
DSC07738_convert_20171102132722.jpg

・右手の山水閣は近代的な建物で、ロビーもホテル風。
DSC07810_convert_20171102132751.jpg

DSC07694_convert_20171102132816.jpg

・近くには水車小屋、温泉神社があります。
DSC07807_convert_20171102132845.jpg

DSC07808_convert_20171102132911.jpg

・こちらは源泉(ポンプ)です。地下(300mくらい?)から上げています。このおかげで、規模が大きくなったのでしょうね。
DSC07811_convert_20171102132936.jpg

・湯治屋です。風格があります。屋根は茅葺きからトタンに変わったのですね。
DSC07809_convert_20171102133001.jpg

・帳場も昔のまま。
DSC07691_convert_20171102133033.jpg

・くつろぎ処もこんな感じで、なんだかままごとの部屋のよう。テーブルは100年以上前のものかも。

DSC07690_convert_20171102133059.jpg

127.3 菊水館 (Kikusuikan)

・ 菊水館に行く手前の橋から全景が見えます。左の突き出した処が南部の湯。今回は紅葉に合わせたつもりが1週間早かったのが残念。
DSC07805_convert_20171102133123.jpg

・ エントランスは拍子抜けする簡素さ。
DSC07802_convert_20171102133149.jpg

・ 帳場は昔のまま。
DSC07803_convert_20171102133245.jpg

・ これは何?石垣から水が湧き出し、枡に注がれています。石垣の模様が「菊」ここから「水」が湧き出て「菊水館」となったそうです。
DSC07799_convert_20171102133313.jpg

・ 菊水館は大きく二つの建屋があります。左手が竹の間(二間続き)の建物で、右が茅葺きの梅の間。
DSC07798_convert_20171102133344.jpg

・ 茅葺棟は圧巻。よくも昔のまま残ったものだと感心。
DSC07668_convert_20171102133412.jpg

・ 廊下は昔ながらに狭い。
DSC07730_convert_20171102133448.jpg

・ 部屋は一間ですが、快適に改造されています。茅葺の宿とは思えない。
DSC07660_convert_20171102133522.jpg

・ 窓際には昔ながらの木製火鉢が置いてありますが、使うことはできません。あくまで昔のままを再現したもの。
DSC07663_convert_20171102133546.jpg

・ 圧巻は、窓からの眺め、少し湾曲した昔ながらのガラス戸、これがいい。
DSC07662_convert_20171102133613.jpg

・ 戸をあけて右手を見ると和風の庭が見えます。
DSC07752_convert_20171102133646.jpg

・ これは一舜木の葉と間違えそうなキノコ、多分ナラタケ、食べられるのでは?
DSC07778_convert_20171102133716.jpg


ここで、対岸から見える菊水館の動画を紹介
[広告] VPS


127.4 南部の湯

・ たぶんひのきの風呂です。残念ながら今の時期は窓は開かない。空いていれば豊沢川が見えるはず。しかし、静謐な空間。
DSC07654_convert_20171102133744.jpg

・ 左手前は洗い湯の溜桶、これは気持ちがいいです。
DSC07655_convert_20171102133825.jpg

・ お湯は静かに流れ出ていきます。
DSC07656_convert_20171102133858.jpg

ここで動画を一つ
[広告] VPS


茅葺の家は中にいてはわからない、ので、次回は対岸から見てみます、それに、一番お気に入りの大沢の湯の写真を一枚。DSC07703_convert_20171102133932.jpg

大沢温泉:アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)、753ℓ/分、51℃、pH9.0、蒸発残留物557mg/ℓ、成分総計603mg/ℓ、菊水館内湯:男女各1、湯治屋内湯:男女各1、半露天風呂男1、女2、大露天風呂1、このほかに山水閣。

・次回は湯治屋の大沢の湯です。(Continue to next report)
DSC07759_convert_20171118173551.jpg DSC07791_convert_20171118174241.jpg

一つ前に戻る。(Return to a former report)

ブログの全体メニューに戻る。(Go to Top page)
全てのレポートはこちら。(Go to All report)
English list : Japan secluded hot springs list (please click here)

お気に召せばclick
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へにほんブログ村

・本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・ 文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。

大沢温泉菊水館
関連記事
.07 2017 温泉 comment2 trackback0

comment

ひで
izumi6688さん

こんにちは。
ガーデンブログ『Change My Garden / Change My Life』をやっております、「ひで」です。
このたびは、ボクのブログの方に暖かいメッセージをいただき、ありがとうございました。

ボクのブログの方に、izumi6688さんの足跡があり、訪問させていただきました。
温泉ブログの方が、ガーデンブログを見に来られるなんて珍しいな〜なんて思っていましたが、
今年の日本園芸協会さんのガーデンコンテストの同じシルバーメダル受賞された方と知り、驚いています。

日本園芸協会さんのホームページや、先日送られて来た『ガーデン&プランツ』に掲載されているizumi6688さんのお庭を拝見させていただいて、
とても美しいお庭だなぁと感心しておりました。
ボク個人的には、今年一番のお庭ではないかと思っていたほどです。

まさか、ここ2年で、しかも趣味でつくられたとお聞きして、尚一層驚いています。
ホントに完成度が高い、素晴らしい庭だと思いました。

ブログの方も、ざっと拝見させていただきました。
とても参考になる素敵なブログですね。
ボクの方は、しばらく温泉には出かけておりませんが(汗)、また行ってみたいと思いました。
関西の記事も読ませていただきましたよ。
美山の茅葺きの里や伊根もいいですね。
関西に住んでいながら、まだ一度も行ったことがないんですよ(大汗)。

これを気に、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
もし差し支えなければ、ボクのブログのリンク欄に、izumi6688さんの温泉ブログをリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?
またちょくちょく寄せていただきたいと思っております。

では、そんなことで。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2017.11.09 10:22
和尚
はじめまして!
こんにちは(^^)/
こういった所でゆっくり温泉に入りたいです(^_^)
2017.11.14 07:46

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://onsen6688.blog.fc2.com/tb.php/657-e6be26d1