FC2ブログ
2020 01 << 1234567891011121314151617181920212223242526272829>> 2020 03

大湯温泉 阿部旅館

内湯、サウナ、渓流沿いの野趣溢れる源泉露天風呂(位置によって湯温が異なる)、宿全体は源泉暖房中、これは湯治すべき秘湯。
ブログの全体メニューに戻る(→Top page)
全てのレポートはこちら(Go to All report)。

第148章 秋田県 大湯温泉 阿部旅館
Chapter 148 section 1, Akita prefecture Ooyu onsen Abe ryokan
Japanese information: 阿部旅館
English information: Abe ryokan
2019.10.24-25

148.1 はじめに

 奥子安・大湯温泉・阿部旅館は栗駒山塊の西麓、小安峡の奥にある。東北の秘湯は紅葉や雪の季節が似合う。2年前に花巻の藤三旅館を訪ねたのは2017年10月20日で、紅葉は少し早かった。そこで、今年は1週間後倒しで計画した。

 奥子安という呼称は日本海側の湯沢温泉から見た方向のこと。こちらから登ると湯沢ICから1時間弱だろうか。元々湯沢の奥座敷ということ。

 しかし、東北道から行くと古川ICまたは築館ICから国道398号線経由になり、夏でも1時間半以上かかる。ので、メジャーな温泉郷というわけではない。しかし、この一帯を有名にしているのは小安峡だろう。

 小安峡の話はおいおい紹介しますが、このエリアは湯沢ジオパークと呼ばれる火山・造山運動の痕跡や今も活動している様子を知ることができる。

 阿部旅館には宮城県栗原市から秋田県湯沢市に向かう国道398号線の湯浜峠(710m)と花山峠(741m)を越えてゆく。ここは大型車は通年通行止めで冬季は閉鎖される。


148.2 紅葉の道のり

 途中の二つの峠は地図では紅葉マークが付いていた。確かにすごい紅葉でした。
DSC03831_convert_20191215133618.jpg

DSC03826_convert_20191215133648.jpg

DSC03823_convert_20191215133722.jpg

DSC03820_convert_20191215133834.jpg

148.3 宿の周辺と中

 宿は国道から北に曲がったすぐそこにある。一帯は、所々の地面から湯煙が上がっていて、これぞ温泉地帯という感じ。

・ 宿の右手の湯煙の昇る一帯
DSC03850_convert_20191215133949.jpg

DSC03846_convert_20191215134034.jpg

DSC03852_convert_20191215134122.jpg

 この動画


・ 宿は15年ほど前に改築されたとのことで、しっかり新しい。欲を言えば改築前の宿に泊まりたかった。
DSC03832_convert_20191215133915.jpg

・ 中の様子を少し紹介
DSC03844_convert_20191215134221.jpg

DSC03833_convert_20191215134249.jpg

DSC03839_convert_20191215134403.jpg

・ 特筆すべきはスリッパがない。何かしら床がほんのり暖かいような気がする。経験則ですが、スリッパのない宿にハズレはありません。清潔を保つ為、毎日清掃されていますし、スリッパのペタペタ音がない。裸足の代わりに足袋も用意されています。
DSC03840_convert_20191215134326.jpg

・部屋からは眼下に皆瀬川が見えます。この水は日本海に注ぎます。良い部屋です。

DSC03835_convert_20191215134438.jpg

148.4 温泉

温泉は建物の下の渓流沿いにあります。
動画


写真で紹介 3枚 特に夕刻の佇まいがたまりません!灯りが穏やかな人気を感じます。
DSC03916_convert_20191215134525.jpg

DSC03924_convert_20191215134604.jpg

DSC03859_convert_20191215134646.jpg

DSC03877_convert_20191215134753.jpg

・ 建屋そのものにある内湯
DSC03913_convert_20191215141734.jpg

・ 階段下の内湯、この部屋の左手前にはサウナがあります。冬でもここで暖まれば露天風呂も大丈夫。
DSC03864_convert_20191215141812.jpg

・ 外に出るとまず四角の露天風呂
DSC03865_convert_20191215141845.jpg

・ その奥に岩組みの大きな露天風呂。源泉の注ぎ口から出口にかけて温度が違っていること。つまり、季節に応じて、自分の好みに応じて好きな湯温を選べる。これは館主の戦略か?結果か?
DSC03866_convert_20191215141927.jpg

・ 右手が上流側、立ち入り危険看板があります。
DSC03899_convert_20191215142014.jpg

・ 実はこのあたりの赤マークの地面(岩)は結構熱く不用意に触れると火傷するくらいです。本当に注意!つまり、この一帯は宿も含めて地熱地帯。
DSC03911_convert_20191215142120.jpg

・ 下流側の左が母屋です。
DSC03906_convert_20191215142156.jpg

次に動画を二つ





148.5 食事

 食事は次のようなもの。この一軒家の秘湯としては相当ゴージャスなもの。

・ 前菜、この後にいろいろ出てきました。
DSC03890_convert_20191215142228.jpg

・ そのうちの1品、高品質!
DSC03891_convert_20191215142301.jpg

 実は到着日に玄関で、プロのキノコ採りの方が宿のご主人と収穫物の談義中でした。横目でチラッと見て20kg以上。このキノコが味噌汁に入っていました。天然もので超美味!他の料理が霞んでしまいました。

 言ってはなんですが、マーケットで売っているキノコは「青びょうたん」、天然物のキノコは「野趣溢れるジビエ」です。腰の強さと味の深みが違います。


148.6 おわりに

 阿部旅館は夕刻の露天風呂湯宿の佇まい、温泉フリークなら心が鷲掴みされてしまいます。雑誌で見ていても、写真でしょっ!と軽く受け流ししていましたが、実際にそこに身を置き、周りが本物の大自然、その渓流露天風呂に身を任せる、この感動は体感しなければ絶対ワカリマセン!

DSC03876_convert_20191215142337.jpg

 というわけで、念願の阿部旅館に泊まれてとてもとても満足しました。山奥の秘湯というのは、冬はやはり寒いもの(ワタクシはそれも好きですが)、でも、言って見れば阿部旅館は都会の床暖房のような快適さ、これには参りました。

 阿部旅館のロケーションは豪雪地帯、冬は雪に埋もれる。こんな宿は湯治をおススメめします。普通は一泊二食で11000円(税抜)からですが、二泊三日で13000円(6食付きで、夜は控えめな5品)、三泊四日なら16500円。

 雪に埋もれて、温泉+自分の好きなことだけ、何もしない贅沢。あ〜、もう少し暇になったら冬にまた来たい!相当オススメの秘湯です。

 アクセスをよくする為に8月から10月末までは湯沢駅から「こまちシャトル」という予約制の乗り合いタクシーが利用できる。車で来るのは億劫な場合はこれを利用しましょう。


大湯温泉阿部旅館:自然湧出、アルカリ性単純硫黄泉(低張性弱アルカリ性高温泉)、92℃、pH7.2、男女別内湯各2、男女別露天風呂各2。

次回は余談で冬の花火。(Continue to next report)
一つ前に戻る。(Return to a former report)

ブログの全体メニューに戻る。(Go to Top page)
全てのレポートはこちら。(Go to All report)
English list : Japan secluded hot springs list (please click here)

お気に召せばclick
 にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へにほんブログ村

・本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。

秋田県 大湯温泉 阿部旅館
関連記事
.29 2019 温泉 comment3 trackback0

comment

りおりお
初めてコメントいたします。秘湯系の温泉が好きで、相方と二人、ぼちぼちと回っています。以前より拝見して、湯めぐりの参考にさせていただいていました。

阿部旅館と奥山旅館の記事を拝見して、びっくり!!!でした。実は、こちらは26日に阿部旅館に宿泊し、27日の朝、奥山旅館に立ち寄り入浴と、完全にニアミス!残念!(笑)

それにしても、紅葉は圧巻でしたね。小安峡の大噴湯も川原毛地獄も、大地の躍動を実感しました。念願の秋田で、八幡平から湯めぐりしながら南下してきて、最後に栗駒山荘に立ち寄りし、一ノ関から新幹線。大満足の旅ができました。

また参考にさせてください!
2020.01.09 23:35
izumi6688
りおりお様

読んでいただき感想もいただきありがとうございます。
阿部旅館と奥山旅館、1日違いでしたね!
26,27日は天気も良く同じ紅葉を楽しまれたと思います。

ブログでは、この後、余談を挟んで、小安峡、奥山旅館、川原毛地獄、
川原毛大湯滝を紹介します。

りおりお様も、ここは行くべし、という助言があれば是非とも
ご教授ください。お待ちしています。

izumi6688





2020.01.10 19:45
りおりお
早々のお返事、ありがとうございます。
実は27日の川原毛地獄は小雨が降っており、足に自信がなかったのもありまして、大湯滝には行っておりません。
また、ブログの記事、楽しみにしています!
2020.01.12 15:06

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://onsen6688.blog.fc2.com/tb.php/706-1915de24