2017 10 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930>> 2017 12

西那須温泉・大鷹の湯



「五つ星源泉の宿」を標榜し泉質抜群の美肌湯。源泉掛け流し・適温・アルカリ性・美肌と効果は満載。長時間、風呂に浸り、夕食もうまい。

第32章 西那須温泉・大鷹の湯
ホームページ:http://www.ootakanoyu.com/
2012.6.16-17

 西那須温泉・大鷹の湯は東北高速道・西那須野インターからわずか5分でアクセスできる。西那須野の平地の森の中にこつ然と建つ、中型の湯宿である。大鷹の湯の主張は「五つ星源泉の宿」である。「五つ星源泉の宿」とは「湯船すべてが自前の源泉を持ち、1年を通して適温であり、一人当たり毎分1リットル以上が湯船に注がれる」こととしている。体感温で39-40度、pHは8.5、ぬるぬるの湯である。少し茶褐色でモール泉の一種かもしれない。元々この地域には自噴の温泉があったが、過去の地震で大昔に止まってしまったらしい。そこで、地下1000mから動力揚湯することにし、毎分367リットルのナトリウム塩化物・炭酸水素泉を掘り当てた。ここは、長湯がいくらでもでき、温泉三昧の宿である。
 専用露天風呂付きのトータル20畳の豪華室から、湯治向きのエコノミー室、また、ペット同伴に適したコテージまで、選択の幅がひろく、万人受けする工夫が凝らされている。料理も個室でいただく夕食のレベルは高く、納得する味。温泉の効果から考えて一泊ではもったいない宿である。
 「日本秘湯を守る会」の宿ではなく、山奥の「秘湯」という訳ではないが、温泉フリークに一度は体験をお勧めしたい湯である。

32.1 宿のたたずまい
 
 大鷹の湯は入り口右手に泰山荘というエコノミークラスの建物がある。その先が本館である。ここには宿泊施設はなく、フロント、お土産屋、食事処がある。奥の続きに露天風呂があり、同じく右手奥にはコテージが数棟並んでいる。右手背面の岡には鷹見の湯がある。道路を隔てて左手(本館の対面)には、別邸鷹山や最近出来た東雲の間がある。

・ 本館:土色のオレンジ色が基調の色になっている。
DSC02465_convert_20120617211857.jpg

・ 玄関には提灯
DSC02460_convert_20120617211924.jpg

・ 奥の廊下
DSC02486_convert_20120617211946.jpg

・ 祠がある
DSC02512_convert_20120617212042.jpg


32.2 共用露天風呂、内風呂、鷹見の湯

・ 露天風呂:男性用、シックで小ぶりであるがお湯は良い。
DSC02446_convert_20120617212110.jpg

DSC02447_convert_20120617212131.jpg


・ 岩の塔から溢れている。
DSC02448_convert_20120617212158.jpg

DSC02470_convert_20120617212221.jpg

・ 色は薄い茶褐色。柔らかなお湯が心地よい。肌触りも。 
DSC02473_convert_20120617212241.jpg

・ 内風呂:細長い湯船で、お湯の温度がちょうど良い。
DSC02458_convert_20120617212303.jpg

・ 鷹見の湯の女性用
DSC02503_convert_20120617212325.jpg

DSC02505_convert_20120617212347.jpg

・ 同じく男性用:いずれも、窓の外の樹木の緑が映って美しい。この風景は秘湯そのものである。
DSC02507_convert_20120617212414.jpg


DSC02511_convert_20120617212438.jpg

32.3 別邸鷹山の部屋付きの露天風呂

 別邸鷹山は部屋専用の露天風呂付きの部屋である。16畳と20畳がある。宿泊したのは16畳の部屋。

・別邸鷹山の廊下:なかなか重厚なたたずまい。
DSC02477_convert_20120617212534.jpg

・部屋の露天風呂は8角形で、外はうっそうとした林になっている。那須独特の林である。自然との一体感がある。
DSC02479_convert_20120617212558.jpg

DSC02519_convert_20120617212621.jpg

DSC02481_convert_20120617212705.jpg

・ 借景である。
DSC02482_convert_20120617212643.jpg


  お湯はとにかくすばらしい。まずはぬるぬる、肌に優しい、そしてやや温め、これで長い時間楽しめる。宿の方から「合計2時間は浸かってください」と言われたが、これは、その結果に自信があるからである。そして、結果はその通りであった。体がアルカリ性に入れ替わったような気がした。

32.4 料理

 食事処は本館にある。夕食は個室、朝食はバイキングである。

・入り口には豪華な生け花。
DSC02487_convert_20120617212734.jpg

・霧を振りかけてあって心憎い演出。
DSC02489_convert_20120617212756.jpg

・百合の花芯が美しい。
DSC02492_convert_20120617212819.jpg

・飲めるお酒が並んでいる、写真は焼酎で「百年の孤独」「佐藤の黒」など垂涎の焼酎が並んでいる。
DSC02502_convert_20120617212841.jpg

・食事:お刺身、手前の金目鯛が旨く、ワサビの効きがとくに刺激的。ツーンと来なけりゃワサビじゃない!
DSC02494_convert_20120617212904.jpg

・千本松ポーク:なかなか熟成された味。
DSC02495_convert_20120617212925.jpg

・すき焼き:那須牛だと思うが、これも突出した味だった。やわらか、まろやかで、お湯と同じコンセプトにしているとしか思えない。
DSC02499_convert_20120617212946.jpg

・これは朝食のバイキング
DSC02513_convert_20120617213011.jpg

・まず、この程度を食す。とかく食べ過ぎるから野菜はヘルシーだ。
DSC02515_convert_20120617213037.jpg


32.5 おわりに

 大鷹の湯は新しいタイプの宿である。温泉ランドではなく、山奥の家族経営型秘湯でもなく、ただただ泉質にこだわり、それを多くの人に提供しようとしている。それゆえか、お値段は平日で8000〜17500円である。「露天風呂付き16-20畳の部屋」は高い方であるが、全体の価格帯はうれしい。夕食も個室でいただき、味はなかなかのもの。接客もよく教育されている。
 温泉で体の調子を整えたい人、肌をつるつるにしたい人にお勧めしたい。東京から車なら2時間半。新幹線ならもっと早い。思い立ったらいつでもくることが出来る距離である。ちょっとストレスがたまった時、沢山たまった時、たまってなくともゆっくり癒されたいとき、一晩お世話になりましょう。できれば二晩!


温泉概略データ:367リットル/分(地下1000mから動力用湯)、源泉温度は59度(湯船では39-43度)、pH=8.5、蒸発残留物=1049mg/l、ナトリウム塩化物・炭酸水素泉、源泉掛け流し、共用内風呂(男女各1)、共用露天風呂(男女各1)、貸切風呂2(時間により共用)、部屋に専用の露天風呂多数。

・なお、本文と写真は予告なしに改訂することがありますことご了承ください。
・文章と画像の著作権は著者にあります。許可なくコピー・転載できません。
ブログの全体メニューに戻る

FC2 Blog Ranking


にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 秘湯・野湯へ にほんブログ村
人気ブログランキングへ
旅休ドットコム・ブログナビゲーター
相互リンク募集・リンク集
関連記事
.17 2012 温泉 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://onsen6688.blog.fc2.com/tb.php/84-af212c77